フィギュア撮影 マックスファクトリー 西連寺春菜

フィギュア撮影 マックスファクトリー 西連寺春菜

マックスファクトリーから発売されました「To LOVEる-とらぶる-ダークネス 西蓮寺春菜」を撮影しました。
ラッキースケベ待ったなし!

全国1億3千万人のToLOVEるファンの皆さんこんばんは。
かねてよりの希望だったToLOVEるフィギュアのシリーズ化が始動?したと完全に思いたい第3弾「西蓮寺春菜」の発売です。
以前にもレビューした「モモ・ベリア・デビルーク」「黒咲芽亜」に続いて、矢吹健太朗先生の画集Venus(AA)からの立体化となりました。
春菜ちゃんに関してはもはや何の説明も要らない程の人気キャラですが、ぼくにとってもToLOVEるキャラにおいて大好きなキャラの一人であります。
まあほぼ全員好きなんだけど。

過去の2作は超絶ハイクオリティなフィギュアでしたが、もちろん今回の「西蓮寺春菜」もそれに劣らず素晴らしい出来栄えとなっておりましたっ。
ではではレビューをどうぞ~

レビュー

メーカー/商品名 マックスファクトリー 西連寺春菜
発売日 2015年11月
作品名 To LOVEる-とらぶる- ダークネス
価格 11,111円 +税
仕様 PVC塗装済完成品 全高:約265mm
原型製作 なかやまん(マックスファクトリー)

maxfactory_haruna_01 maxfactory_haruna_02
maxfactory_haruna_03 maxfactory_haruna_04
外箱&ブリスターは付属のヴェールが大きいので過去2作品より横幅が広め。

maxfactory_haruna_05
この俺の熱い忠誠心・・・舌技をもって届けたい!!ご主人に!!!

maxfactory_haruna_06

maxfactory_haruna_07

maxfactory_haruna_08

maxfactory_haruna_10

maxfactory_haruna_11
ぐるっと一周。
ランジェリー姿での立体化が特徴のこのシリーズ、この春菜ちゃんも完璧な出来栄えですわ・・・!

maxfactory_haruna_12

maxfactory_haruna_13

maxfactory_haruna_14
モモ・芽亜と一緒に並べても全く遜色ない安心のクオリティ。
矢吹神のタッチをそのまま立体にしたようなフィギュアになってます。

maxfactory_haruna_15

maxfactory_haruna_16

maxfactory_haruna_17

maxfactory_haruna_18
パール仕上げのランジェリーが何とも艷やかで色っぽい。
春菜ちゃんはモモと同じようなビスチェとなっており、フリルの細工も細かくて情報量が多い。

maxfactory_haruna_19

maxfactory_haruna_20

maxfactory_haruna_21
パンティ、ガーター付きのオーバーニーもビスチェとお揃いの色で統一されたランジェリーとなっています。

maxfactory_haruna_22

maxfactory_haruna_23
ヴェールは取り外しが可能で、お顔を良く見たい時はヴェール無しで。

maxfactory_haruna_24

maxfactory_haruna_25
顔は文句なしの美しさで、髪の塗装も綺麗で大満足。

maxfactory_haruna_27

maxfactory_haruna_28
谷間も最高で顔を埋めたくなる。

maxfactory_haruna_29

maxfactory_haruna_30

maxfactory_haruna_31

maxfactory_haruna_32
パンティはかなり浅めで下腹部の造形も神すぎるっしょ・・・
左手の親指でサイドを引っ張っている演出も見事。
デコマスではこの下の肌に分割線があったけど、もちろん製品ではそんなものはありません。

maxfactory_haruna_33

maxfactory_haruna_34

maxfactory_haruna_35
ヴェールはクリアパーツで上手に表現。
クリアパーツは下手に使うと安っぽくなってしまうけど、これはシチュエーション的にも透明感が増して良い感じ。

maxfactory_haruna_36

maxfactory_haruna_37
髪の毛はホント情報量多い。
この春菜ちゃんはもちろん、第一弾のモモもショートのキャラだったけど、物足りなさを全然感じない。
フィギュアはロングヘアーの方が見た目派手なので売れやすいと言われていたけど、最近のショート娘の造りこみの凄さはすごいよ。

maxfactory_haruna_38
台座は「モモ・ベリア・デビルーク」「黒咲芽亜」と同じデザインで統一。
シリーズ続投のおかげで、ハニカム構造のように並べていく楽しみが増えましたわ。

あとは適当に

maxfactory_haruna_39

maxfactory_haruna_40

maxfactory_haruna_41

maxfactory_haruna_42

maxfactory_haruna_43

maxfactory_haruna_44

maxfactory_haruna_45

maxfactory_haruna_46

maxfactory_haruna_47

maxfactory_haruna_48

というわけで「フィギュア撮影 マックスファクトリー 西連寺春菜」でした。

今回も満足のフィギュアに仕上がっていました。
これほどの力のあるフィギュアが「モモ・ベリア・デビルーク」「黒咲芽亜」で終わって欲しくないと思っていただけに、この「西蓮寺春菜」のサンプルがワンフェスに展示されていた時はめっちゃ興奮しましたよ・・・

第四弾もワンダーフェスティバル2015夏のワンホビブースで原型がお目見えしていたのでご存知かと思いますが、「ナナ・アスタ・デビルーク」の登場になりそうです。

wf2015s_142

ヒュー!ナナ姫の彩色が待ち遠しいぜ!

ナナのフィギュアは全体を見ても数が少ないので、この超絶クオリティ&シコリティで立体化とか嬉しすぎますわ。
ToLOVEるのキャラは皆さんもそうかと思いますが全員大好き愛していると言ってもいいくらいなので、とりあえずは誰が来てもクリティカルなんですけど。

つーわけで今後も楽しみなフィギュアがありすぎておじさん嬉しいよ。

撮影後記

maxfactory_haruna_49

このシリーズは一貫して同じ壁紙を背景にレビューしています。
というか、「黒咲芽亜」の時点でこの先があるとは思わず、う~んモモと同じやつでいいか!と安直に選定してしまっただけなのですが。
でもこの”アトモス くり”はほんのり赤く柔らかい色合いなので、肌色成分の多いこのテのフィギュアにマッチしていていいかなと。

ちなみに「あとは適当に」から先の自由撮影は違う壁紙だったりします。
分かりますか?
撮った自分がいうのも何ですけど、これ言わなきゃ分かんないですよね。
こないだ買った”彩雲紙 大理石”というやつなんですけど、”アトモス くり”より白が多めにはなるけどあまり印象変わらないですね。
これは素直に青系にすればよかったな。

関連リンク