フィギュア撮影 リボルブ アリス・カータレット

フィギュア撮影 リボルブ アリス・カータレット

リボルブから発売されました「ハロー!!きんいろモザイク アリス・カータレット」を撮影しました。
きんぱつさいこう!

楽しみにしていたフィギュアがやっと発売になりましたな!
これがあれば金色に輝く日々を送れること間違いなしのアイテムですわ・・・
予定では12月下旬だった気がするのですが、少し前倒しの出荷になったみたいです。
そういえばリボルブは「鶫誠士郎」も予定より早く出荷していたし、延期がデフォのこの業界ではかなり珍しいような。
まあ、こちらとしてはありがたやでございます。
このアリスの原型製作はリボルブののぶた氏で、先日のメガホビEXPOでもグラブルの凄そうな原型がベールの奥に展示されていました。
アルターやメガハウス等の原型も担当しているリボルブの自社ブランド3作目となる「アリス・カータレット」、今回も素晴らしいフィギュアに仕上がっておりました。

ではでは早速レビューをどぞ~

レビュー

メーカー/商品名 リボルブ アリス・カータレット
発売日 2015年12月
作品名 ハロー!!きんいろモザイク
価格 9,250円(税抜)
仕様 PVC塗装済完成品 1/7 全高:約190mm
原型製作 原型製作:のぶた(リボルブ) 彩色:森山奈菜(リボルブ)

revolve_alice_01 revolve_alice_02
revolve_alice_03 revolve_alice_04
外箱&ブリスターは1/7の割に小ぶり。アリスちっちゃいからね。

revolve_alice_05
コニチワー!!!

revolve_alice_06

revolve_alice_07

revolve_alice_08

revolve_alice_09

revolve_alice_10

revolve_alice_11

revolve_alice_12

revolve_alice_13
ぐるっと一周。デコマスとの差分が感じられない良い仕上がりです。
メガホビEXPOの会場に展示されていたのも量産サンプルで出来が良いなぁと思っていましたが、実際に届いたものも同様の印象でホクホク。

revolve_alice_14

revolve_alice_15

revolve_alice_16

revolve_alice_17
原型製作はのぶた氏によるもので、立体化が難しそうなキャラデザながらも破綻のない見事な造形。
なんというか、もう天使という感想しか浮かんでこないぜ・・・!

revolve_alice_18

revolve_alice_19

revolve_alice_20

revolve_alice_21

revolve_alice_22
カーディガンのふわっとした感じや、シャツのしわの寄り方など、とても自然に造られています。

revolve_alice_24

revolve_alice_25

revolve_alice_26

revolve_alice_27
交差させた脚もスラリと綺麗で、絶対領域も絶妙な見え具合。

revolve_alice_28
細かい靴の美錠も丁寧に塗り分けされています。

revolve_alice_29
アリスの心のように澄み切った白。

revolve_alice_30

revolve_alice_31
トレードマークの金髪は、ストロベリーブロンドの質感を上手に表現しています。
毛先だけでなく全体に薄っすらとグラデーションが入っており、さらにパールでキラキラ感を出しているという凝りようは、彩色の森山奈菜氏のこだわりでしょうか。
黄色の塗装がくすんでしまっている金髪フィギュアが多い中で、このアリスの金髪の表現は群を抜いて素晴らしいです。

revolve_alice_32
忍からもらったかんざしも相当小さいパーツですが模様まで入っています。すげぇ。

revolve_alice_33

revolve_alice_34
白魚のように美しい指はネイルも桜色。この指と指の間隔が単調でないのが楽しいですね。
また、付属の桜の細工も細かくて量産品とは思えない凝りっぷり。

revolve_alice_35

revolve_alice_36

revolve_alice_37
通学カバンも体の動きに合わせて動いているのが良く分かる造形ですね。

revolve_alice_38
台座は石畳の歩道をイメージしたデザイン。

あとは適当に

revolve_alice_39

revolve_alice_40

revolve_alice_41

revolve_alice_42

revolve_alice_43

revolve_alice_44

revolve_alice_45

revolve_alice_46

というわけで「フィギュア撮影 リボルブ アリス・カータレット」でした。

かなり出来が良くて大満足でした。
価格も1万弱とお値ごろですし、1/7だからディティールも豊富だし、何より可愛いのがポイント高いです。
人気タイトルで人気キャラであっても、日常系アニメは立体化の企画が少ない傾向にあります。
そんな中でこの出来ですから、欲しい人は迷わず買っておいたほうが良いと思います。

撮影後記

revolve_alice_47

リボルブの製品は前の「鶫誠士郎」の時も感じたけど、アイプリが細かくて綺麗です。
グラデとかすごい鮮やかだし、どのくらい色数使っているんだろうと思って拡大してみると意外にも色数は少なく、玉模様の重なり具合の調整でグラデを上手く表現しているんですな。
ぼくは素人なのでアイプリの平均的な色数とか全く分からないのですが、アルターあたりはいつもアイプリ綺麗ですよね。
今のフィギュア製造技術であれば、いくらでも細かくも出来るし色もたくさん使えると思いますが、色数が多くなるとタンポ印刷の回数が増えて相対的にエラー率も上がり、余計にコストが掛かることになりそう。
そうなると我々の買う値段がどんどん上がってしまいます。
アイプリの設計次第で少ない色数=少ないコストでこんなに綺麗に出来んですね。
写真で拡大しない限り肉眼では分かりにくいですが、こういう部分まで気を使っていることで全体の印象が上がるのだと思います。

関連リンク

レビューサイトリンク