フィギュア撮影 AMAKUNI うつつ

フィギュア撮影 AMAKUNI うつつ

AMAKUNIより発売されました「ガッチャマン クラウズ うつつ」を撮影しました。

以前に当サイトでデコマスのレビューをしました「AMAKUNI ガッチャマン クラウズ うつつ」がついに発売になりました。
剛本堂の横嶋真平氏による芸術的な造形美を持つこの「うつつ」の発送を、今か今かと心待ちにしていた甲斐があって、届けられた商品はデコマスと遜色のない素晴らしい完成度になっていましたよ・・・!

では早速写真をどうぞ~

AMAKUNI ガッチャマン クラウズ うつつ レビュー

メーカー/商品名 AMAKUNI うつつ
発売日 2015年4月
作品名 ガッチャマン クラウズ
価格 10,800円(税込)
仕様 PVC塗装済完成品 1/7
原型製作 横嶋真平(剛本堂)

utsutsu_01 utsutsu_02
utsutsu_03 utsutsu_04
外箱&ブリスター。
直販の受注限定品ではありますが、店頭に置いてあっても遜色ない立派な外箱です。

utsutsu_05
うつうつします・・・・

utsutsu_06

utsutsu_07

utsutsu_08

utsutsu_09

utsutsu_10

utsutsu_11

utsutsu_12

utsutsu_13
まずはぐるりと一周。半端ない完成度ですこれは。

utsutsu_14

utsutsu_15

utsutsu_16
少しアップで。
原型製作は過去にも「AMAKUNI 島風」の原型を手掛けた剛本堂の横嶋真平氏によるもので、うつつの持つ魅力を最大限以上に引き上げた素晴らしい造形となっています。

utsutsu_17

utsutsu_18

utsutsu_19
顔のアップ。
アイプリも美しく、全体の仕上げもかなり丁寧でAMAKUNI製品の品質の高さが伺えます。

utsutsu_20

utsutsu_21
うつつの普段着であるビキニ姿での立体化。
あばらのあたりなど、スレンダーな体型の造形が素晴らしすぎる。
フィギュアではどうしても肉付きが良い造形が人気になりますが、それに真っ向から石を投じるような美しく力のある造形です。

utsutsu_22

utsutsu_23

utsutsu_24

utsutsu_25
脚の美しさも半端ないです。

utsutsu_26
ヒールの踵も細くシャープに仕上がっています。
台座なしでも自立はするものの、この部分にどうしても負担がかかりそうなので、展示は台座を使用したほうが良いでしょう。

utsutsu_27

utsutsu_28
髪の造形はすごいの一言。
モールドの細かさとクリアパーツの使用により、かなり美しく仕上がっているので満足度高いです。
台座には展示用に髪のサポートパーツが付属、長期展示の場合は本体の歪みを防止するために使用を推奨とのことです。

utsutsu_29

utsutsu_30
ビキニの塗り分けも綺麗で、腿のリボンの造形も美しいです。

utsutsu_31
横嶋真平氏の造形は見所の塊のような逸品ですが、その中でも指の造形はぼくの大好きなポイントです。
この「うつつ」も指の先端まで美しく仕上がっています。

utsutsu_32

utsutsu_33
大胆に反らせた背中の部分ももちろん見所のひとつです。

utsutsu_34
手に持つのは『誕生と死のNOTE』。
utsutsu_35 utsutsu_36
かなり小さいパーツですが、プリントもクッキリとしていて美しいです。
これかなり精密ですよ、ここまで出来るメーカーはそれほど多くない。

utsutsu_37
台座はシンプルながらもロゴを効果的に配置してメリハリのあるデザイン。

後は適当に

utsutsu_38

utsutsu_39

utsutsu_40

utsutsu_41

utsutsu_42

utsutsu_43

utsutsu_44

utsutsu_45

utsutsu_46

というわけで「フィギュア撮影 AMAKUNI うつつ」でした。

すごい完成度の高いフィギュアでしたわ・・・・!
ここまで満足度の高いフィギュアは一年でもなかなか無いかも知れないです。
前回レビューした「AMAKUNI 国広一」といい、AMAKUNI製品の品質はかなり信頼できるので誌上通販でも安心して注文できると思います。

今後のホビージャパン限定通販でも注目の新作が続々と出てきているので、注文忘れなどしないようにしなくては。

撮影後記

utsutsu_47

今回のイメージショットの背景紙はお約束で緑にしました。
緑とか青は色かぶりとの戦いになるんですよね、赤系だったら肌にかぶっても自然に見えるから良いのですが。
そんな時は色かぶりを抑えるためにフレーム外にレフ板や紙を敷いたりしています。
全身を撮るときは使えるフレーム外が少ないので厳しいですが、アップではいくらでも余地があるのでどんどん使います。
昔はそういうことも知らずに、全身撮り→そのままノー対策でアップ撮り、と色かぶり対策は何もしてなかったなぁ・・・・
他にも自分の知らない色々なやり方があるのだろうと思うと物撮りは奥が深い。

関連リンク

AMAKUNI うつつ レビューサイトリンク