フィギュア撮影 ウェーブ 蒼星石

フィギュア撮影 ウェーブ 蒼星石

ウェーブより発売されました「ローゼンメイデン 蒼星石」を撮影しました。
同時に発売された「翠星石」も可愛かったけど、この「蒼星石」も凛々しくて素晴らしい。

ローゼンメイデンの第4ドール「蒼星石」がドリームテックシリーズで立体化。
以前にレビューした「フィギュア撮影 ウェーブ 翠星石」と同時に撮影したのですが、ワンフェスやらCP+やら合同展示会を挟んでしまいアップが遅れました。
原型製作は「翠星石」と同じくチェリーブロッサムの桜坂美紀氏で、ウェーブとしても最初の「翠星石」から7年の月日を経て「蒼星石」をリリースしようやく姉妹が並ぶことに。
「翠星石」と同じく最新のアニメの設定に合わせたキャラデザになっており、並べて飾ると満足度が高い仕上がりになっております!

ではではようやくの現像完了となりましたのでお写真のほうドゾー

ウェーブ 蒼星石 レビュー

メーカー/商品名 ウェーブ 蒼星石
発売日 2015年1月
作品名 ローゼンメイデン
価格 9,300円(税別)
仕様 PVC塗装済完成品 ノンスケール 全高約15cm
原型製作 桜坂美紀(チェリーブロッサム) 協力:びーふる

souseiseki_01 souseiseki_02
souseiseki_03 souseiseki_04
外箱は同時に発売された「翠星石」と同じ大きさ。窓も大きく中のフィギュアが見やすいです。

souseiseki_05
ボクっ娘ドール!!!!

souseiseki_06

souseiseki_07

souseiseki_08

souseiseki_09

souseiseki_10

souseiseki_11

souseiseki_12

souseiseki_13
ぐるり一周。「翠星石」と比較するとショートカットやズボンというのもあってシンプルな見た目ですが、造形がしっかりしているだけあって物足りなさなどは一切ありません。

souseiseki_14

souseiseki_15

souseiseki_16
souseiseki_17
原型製作は翠星石同様にチェリーブロッサムの桜坂美紀氏によるもの。
当時ガレージキットでは姉妹で人気がありながらも完成品化したのは「翠星石」のみでしたが、今回は「翠星石」の再完成品化にそろえて「蒼星石」も同時に完成品として登場となりました。

souseiseki_18

souseiseki_19
割りと小さめのフィギュアではありますが、ドレスのフリルなども細かく再現してあります。

souseiseki_20

souseiseki_21
男装の「蒼星石」はズボンのスタイル。

souseiseki_22

souseiseki_23

souseiseki_24
トレードマークのシルクハットは片手で押さえて固定。
ドレス各所のなびき方も細かく作られています。

souseiseki_25
「翠星石」とお揃いの靴。

souseiseki_26

souseiseki_27
庭師の鋏も新アニメでディティールが細かくなったので3D造形で忠実に造形。
souseiseki_28

souseiseki_29
庭師の鋏は稼働します!
この辺りはデジタル造形の利点を活かしていますね。
souseiseki_30 souseiseki_31
シルクハットは前髪に合わせて造形されているのでフィット感あります。

souseiseki_32
帽子を脱いだ状態も可愛い。

souseiseki_33
台座は「翠星石」同様のシンプルなものが付属しています。

後は適当に

souseiseki_34

souseiseki_35

souseiseki_36

souseiseki_37

souseiseki_38

souseiseki_39

というわけで「フィギュア撮影 ウェーブ 蒼星石」でした。

7年前の「翠星石」の時は立体化されなかった「蒼星石」ですが、今回上々のクオリティで立体化されて良かったです。
やはりこの姉妹は揃えておいてあげたいし・・・!

撮影後記

souseiseki_39

前回の「翠星石」の時と色違いの和紙を使って撮ってみましたが、両方ともにかなり狙いと違った謎背景になってしまいました。
ここ最近和紙を使って気に入った感じになっていたのですが、同じものばかり使っているのも芸がないかなと思っていたりしました。
なのでここは少し足を伸ばして『和紙専門店』という異世界に行ってみることに。

電車で小一時間ほど揺られて県内随一の『和紙専門店』に来てみると、店内では女性達が和紙を使った細工の勉強会をしていたりと本格的。
しかし自分にとっては完全にアウェーな空間なのでかなり緊張しました・・・!
しばらく店内を物色してみましたが種類がありすぎてなかなか難しいですね。
柄物は背景にするとうるさくなるので今回は避けて、シンプルなものを中心に見繕ってみました。

その中でこれは翠星石と蒼星石にいいかな~と思い買ったのですが、仕上がりがいまいち謎で世界観もあまり感じられ無かったという失敗談でした。
フィギュアを撮るにあたって背景紙は出来るだけWBの取りやすいものを使えばOKで凝る必要はないとも思うのですが、イメージに合った背景だとフィギュアにスッと入って行ける気がして、出来るだけそのキャラや世界観に合った背景を当てておきたい気持ちもあるんですよね。
まあ今後も自分の出来る範囲で色々考えてみます。