フィギュア撮影 アルター 結城美柑 スク水Ver.

フィギュア撮影 アルター 結城美柑 スク水Ver.

アルターから発売されました「ToLOVEるダークネス 結城美柑 スク水Ver.」を撮影しました。
最高の妹フィギュア!

おれたちのアルターがまたやってくれた!
ということで、みんな大好き「結城美柑 スク水Ver.」が発売されました。待ってたよ~
アルターとしても短い期間で2体目となる美柑フィギュアになりますが、昨年発売された「結城美柑」も素晴らしい完成度だったので今回も相当な期待を抱いておりました。
それにしてもここに来てのいきなりの美紺推しでアルターでいったい何が・・・
と思いつつも、自分的には大喜びのキャラ選択なので何ならもう一体くらい出してもらってもいいくらい。

ではではレビュどうぞ~

レビュー

メーカー/商品名 アルター 結城美柑 スク水Ver.
発売日 2015年1月
作品名 To LOVEる-とらぶる-ダークネス
価格 9,800円
仕様 PVC塗装済完成品 1/7 全高:約210mm
原型製作他 原型製作:タカク&タケシ 彩色:星名詠美

mikan_sm_01.jpg mikan_sm_02.jpg
mikan_sm_03.jpg mikan_sm_04.jpg
外箱&ブリスター。外箱はPET素材のものでそのまま飾っていてもフィギュア全体が見えるものに。
差し替えのジト目ヘッドが後ろの窓から顔を出しているのも面白いです。

mikan_sm_05.jpg
最高の妹キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

mikan_sm_06.jpg

mikan_sm_07.jpg

mikan_sm_08.jpg

mikan_sm_09.jpg

mikan_sm_10.jpg

mikan_sm_11.jpg

mikan_sm_12.jpg

mikan_sm_13.jpg
ぐるり一周見ても破綻などありません、とか言うのも野暮なほど完璧なフィギュア。
塗装も美しくて触るとスベスベしていて気持ちいい。どんな仕上げしてるのこれ???マジですごい!

mikan_sm_14.jpg

mikan_sm_15.jpg

mikan_sm_16.jpg

mikan_sm_17.jpg

mikan_sm_18.jpg

mikan_sm_19.jpg
主役はスク水。
ものすごい質感で驚きます・・・このスク水の質感が分かる日本人に生まれてきて良かった。

mikan_sm_20.jpg

mikan_sm_21.jpg

mikan_sm_22.jpg

mikan_sm_23.jpg
スク水フィギュアではありますが造形の細かさは素晴らしく、シワの入り方もリアルですし何より美柑の体つきのエロさがやばい。
こんなエロい体の子がスク水着ちゃダメでしょ・・・・(歓喜)

mikan_sm_24.jpg
右手はおしりの部分を少しめくる仕草に。
す、少し張り付いちゃったのかなかな?

mikan_sm_25.jpg

mikan_sm_26.jpg
スク水に気を取られがちですが、脚の仕上がりも半端無く素晴らしい。
この膝裏とくるぶし、そして土踏まずを見て欲しいですね、ここ本当に良く出来ている。
やはりこの辺りがしっかり作られているからこそ、主役のスク水のクオリティに説得力が出ているのではと。
mikan_sm_27.jpg

mikan_sm_28.jpg
つめ先まで綺麗に塗られています、しかし指の造形がすごい細かいです。

mikan_sm_29.jpg

mikan_sm_30.jpg

mikan_sm_31.jpg

mikan_sm_32.jpg
こんな妹が欲しいだけの人生だった。

mikan_sm_33.jpg

mikan_sm_34.jpg

mikan_sm_35.jpg
差し替えのジト目顔を装着!個人的な意見ですが、この顔最高じゃないですか!

mikan_sm_36.jpg

mikan_sm_37.jpg

mikan_sm_38.jpg
おお・・・おお・・・・・

mikan_sm_39.jpg
枕元におひとつどうぞ。

mikan_sm_40.jpg
通常顔とジト目顔では髪型と髪飾りが異なっています。

mikan_sm_41.jpg
台座はクリアに大きく名前をプリントしたもの。

後は適当に

mikan_sm_42.jpg

mikan_sm_43.jpg

mikan_sm_44.jpg

mikan_sm_45.jpg

mikan_sm_46.jpg

mikan_sm_47.jpg

mikan_sm_48.jpg

mikan_sm_49.jpg

というわけで「フィギュア撮影 アルター 結城美柑 スク水Ver.」でした。

いやーやばかった。これは買っていた人おめでとうございます。
前回の美柑も完成度が高くモニョモニョ出来たりとかで話題になりましたが、今回の美柑も甲乙つけがたい出来でした。
最近は水着フィギュアが数多く発売されすぎているせいか、豊満な肉体を持っているキャラでないと話題的に厳しい印象でしたが、美柑にはそんなの関係なかったぜ・・・!
それにしても塗装の仕上げがものすごく良いですね、スベスベしていてフィギュアじゃ無いような触り心地でした。
今までのアルターも塗装面の仕上げは良いけど、気のせいかこの美柑は別格だった気がします。

撮影後記

mikan_sm_50.jpg

美紺のイメージカラーだとやはりオレンジ系になるのかと思い手持ちのレザックを使ってみましたがなんかイマイチ。
結局イメージショットは透過光と前回の美紺でも使ったピンクの和紙で撮りました。
少し前からやり始めているレビュー部分の背景紙の共通化はなかなか作業がやりやすく、単にフィギュアを見て欲しい部分ではこれでいいような気がしてきました。
そういえば最近になって気が付いたのですが、グレーカードでWBを取ると赤っぽくなることが多くなってきたような。
最終的には手動で微調整するのでさほど問題ないんですが、2年くらい使っているし色が微妙に褪せてきたのかな?
今度ヨドバシ行った時に補充しておかなくては。

アルター 結城美柑 スク水Ver. レビューサイトリンク