展示サンプルレビュー コトブキヤ シャオメイ & リンリン

展示サンプルレビュー コトブキヤ シャオメイ & リンリン

コトブキヤ秋葉原館に展示されていました「コトブキヤ シャオメイ & リンリン」を撮影させていただきました。

<賢者の黒猫>

セガの人気RPG『シャイニング・ハーツ』、『シャイニング・ブレイド』に登場する大人気キャラクター、サクヤと行動を共にする猫の妖精ケット・シーの化身「リン・シャオメイ」を、本来の姿である「リンリン」と共にフィギュア化!

無邪気な幼い顔立ちとしなやかなボディラインが魅力のシャオメイは、ビジュアル設定資料集に収録されたラフイラストのポーズを基に、視線方向などはリンリンの造形との対比を考慮したアレンジを加えて造形。
同一人物ながら、少女と猫の2つの姿を一緒に並べられるというフィギュアならではの楽しみ方はもちろん、リンリンは台座に非固定のため、サクヤをはじめとする他の同スケールフィギュアと一緒に飾ることも可能です。

ご好評をいただいきました1/6スケール版「いたずら怪盗 シャオメイ」から2年半以上の時を経て、初の商品化となる1/8スケール版は、以前からリクエストの多かったファン待望のコレクタブルサイズのアイテムです!

Tonyフィギュアの第一人者とも言えるコトブキヤから「シャオメイ & リンリン」のフィギュアが登場。
こちらは以前に「ワンダーフェスティバル2014 夏」で原型が展示されていましたが、今回コトブキヤ秋葉原館にて彩色見本が展示されていました。
「リン・シャオメイ」と「リンリン」の両方の姿でのリリースということで、「リンリン」をすでに発売されている「サクヤ」と組み合わせての展示も楽しめるとのことです。

なお、こちらは発売前の彩色見本となっているため、実際の商品とは異なる場合がございます。

xiaomei_sam_02

xiaomei_sam_03

xiaomei_sam_04
大人気だった「いたずら怪盗 シャオメイ」から2年半、今回のシャオメイもかわいい。

xiaomei_sam_05

xiaomei_sam_06

xiaomei_sam_07
顔立ちも素晴らしくシャープで、衣装の細部などかなり細かい造形になっています。

xiaomei_sam_08
かなり良い感じのバスト。

xiaomei_sam_09

xiaomei_sam_10

xiaomei_sam_11
足はスラリと美しく、手の造形がすごいリアルに出来ています。

xiaomei_sam_12

xiaomei_sam_13

xiaomei_sam_14
こちらは「リンリン」の方。
本体のおまけ程度と思いきや、かなり細部まで丁寧に作りこまれていました。

xiaomei_sam_01

というわけで「展示サンプルレビュー コトブキヤ シャオメイ & リンリン」でした。

この「コトブキヤ シャオメイ&リンリンは」現在予約受付中で、発売は2015年1月を予定しているとのことです。