フィギュア撮影 アルター ペリーヌ・クロステルマン

アルターから発売されました「ペリーヌ・クロステルマン」が届きましたので撮影しました。
やはりアルターのストパンシリーズの完成度は半端ない。

初めて「ペリーヌ・クロステルマン」の原型が発表された「ワンダーフェスティバル2013冬」では撮影が禁止でしたが、その後開催された「メガホビEXPO 2013 Spring」で原型の撮影が解禁、続く「ワンダーフェスティバル2013夏」でデコマスのお目見えと、これまでの経緯がスラスラ出てくるほど待ち望んでいたフィギュアです。
アルターのストパンシリーズも501ではあと2人を残すのみで、まさかあのアルターが完走目前だとは・・・!
しかも501ではないマルセイユを発売した上にサーニャと芳佳に至っては2周目に入っている状態、おまけにハイデマリーも発売予定となっているし。

クオリティに関してもほぼ一貫して最上級の仕上げとなっており、揃えるのももちろんですがひとつひとつを眺めるだけでも相当に楽しいシリーズになっています。

そして待ちに待ったペリーヌの出来もぼくの大好きな最高のアルタークオリティでした。
ではでは写真をどうぞ~

アルター ペリーヌ・クロステルマン レビュー

メーカー/商品名 アルター ペリーヌ・クロステルマン
発売日 2014年5月
作品名 ストライクウィッチーズ
価格 8,800円 + 税
仕様 1/8 PVC塗装済完成品 全高:約200mm(台座含む)
原型製作 DUTCH(ペリーヌ) みうらおさみ(ストライカーユニット / 武器)

perrine_alter_01 perrine_alter_02
perrine_alter_03 perrine_alter_04
外箱&ブリスターは統一されたデザインがぶれること無く続いています。
ナンバリングは11番目、芳佳ちゃんが出た頃が懐かしいな~。

perrine_alter_05
青の1番キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

perrine_alter_06

perrine_alter_07

perrine_alter_08

perrine_alter_09

perrine_alter_10

perrine_alter_11

perrine_alter_12

perrine_alter_13
本体にクローズアップしてぐるりと一周。
流れるような姿勢は空中でネウロイと戦っている最中なのでしょうか。
かざした左手はシールドを張っているのか、電撃を飛ばしているのか、誰かを気にかけているのか。

perrine_alter_14

perrine_alter_15

perrine_alter_16
少しアップで上半身を。
表情もすこぶる良くアイプリも綺麗、メガネはフレームのみで超精密なパーツになっています。
あと胸をみると間違いなくペリーヌだということが分かりますね。

perrine_alter_17

perrine_alter_18
流れるように空を飛ぶポーズはとても美しく見ていて飽きません。
彩色も良好で金髪のペリーヌに青のガリア制服がとても映えます。

perrine_alter_19
制服は塗り分けも素晴らしく丁寧な仕上げ。
ボタンや裾のラインを見てもその仕事ぶりの良さが分かります。
perrine_alter_20
髪も美しい金髪で、ペリーヌの髪型をうまく表現していると思います。

perrine_alter_21

perrine_alter_22
ペリーヌは501でも少数派の2枚履き。
ストッキングに透けるズボンの表現も非常に良い感じです。

perrine_alter_23
ストライカーユニットはVG.39で1期にペリーヌが使用していた機体です。
perrine_alter_24

perrine_alter_25
ストライカーユニットのクオリティは今までのシリーズと比較しても全く遜色なし。
perrine_alter_26
左側面にはパーソナルマークとガリア国旗を模したマーク、アルファベットは部隊とかの識別用でしょうか。
とにかく細かいプリントが綺麗に施されていて、相変わらずの超絶クオ。
perrine_alter_28

perrine_alter_27
吸気ダクトやエグゾーストも細かく作られています。
perrine_alter_29

perrine_alter_30
ストライカーユニットのプロペラはいつも通り回転エフェクトと静止状態を差し替え可能。

perrine_alter_32
使用武器はブレン軽機関銃Mk.I。
発売済みの他のウィッチは持っていない武器が来たので楽しいですね。
perrine_alter_31

perrine_alter_33
腕の差し替えでレイピアを持たせることが可能になっています。

perrine_alter_34
perrine_alter_35
ブレン軽機関銃Mk.Iの外観は普通にこれだけで売り物になりますね。
ストックの木目の具合とかすごいリアルでやばいっす。
perrine_alter_36
レイピアも柄の部分のグラデーション処理が細かくされています。

perrine_alter_37
perrine_alter_38
メガネは超精密パーツにつき説明書にも触らないようにと書かれています。
でも間違って破損させてしまってもスペアが3つも付属しているので安心。
しかしこのメガネ、ノーズパッドまで造形されてるとかマジ。

perrine_alter_39
台座は今までのストパンシリーズと同様のデザインでプロフィール入りのもの。

後は適当に

perrine_alter_40

perrine_alter_41

perrine_alter_42

perrine_alter_43

perrine_alter_44

perrine_alter_45

perrine_alter_46

perrine_alter_47

perrine_alter_48

perrine_alter_49

というわけで「フィギュア撮影 アルター ペリーヌ・クロステルマン」でした。
待っていた甲斐があったと言える素晴らしいフィギュアでした・・・!
やはり下手に差し替え上半身を付けたりしないほうがクオリティ高いと思うんですが。
前回の「サーニャ・V・リトヴャク ロケットブースターver.」がコンパチでクオリティが薄まった印象だったので、余計にこのペリーヌのクオリティの高さに感心してしまったのかも。
今後予定されているルッキーニはコンパチではないようですが、リーネちゃんは上半身差し替えなんですよね。
ここまで買ってきているファンとしては、是非満足いく形でフィニッシュをして欲しいと思います。

撮影後記

フィギュア撮影は土日に撮れると楽でよいですが休みが潰れてしまいますね。
今回は何でこんなに時間が掛かるのか不思議なくらい時間が掛かってしまいました。
ここ最近の集中力の無さは異常な気もするのですが、それは間違いなく横で立ち上がっている艦これのせいだと。

まあそれは良いとして、今回は楽な部類の黒っぽい背景で撮りました。
特に工夫もなくいつも通りなので撮影に関して何も語ることが無く。
ここ最近苦労しているのがテキストです。
基本的に読む人も少ないだろうと思いそれほど書いてはいないのですが、文章が苦手な自分はそれでも記事を書くのに一苦労してしまいます。

「素晴らしい造形です」とか「さすがアルタークオリティ」という言葉を何回も使うような文章しか書けないのはバレバレですね・・・!
実際に素晴らしいのでそう書いてはいるのですが、もう少し楽しい文章は書けないものかと。
こんな少ないテキスト書くのに数時間もPCの前で固まってるのが勿体無いです。
はー、文章スラスラ出てくる脳みそが欲しい。

アルター ペリーヌ・クロステルマン レビューサイトリンク

コメント

  1. 44 より:

    良い写真ですね 自分も持っているのに ストライカーのインテークの中にメッシュがしてあるとは気がつきませんでした。

  2. makotomatic より:

    >44さん
    さすがアルターさんは細部まで細かいですね。驚きます。