ワンダーフェスティバル2013夏 フォトレポートその2 ワンホビ編

ワンダーフェスティバル2013夏 フォトレポートその2 ワンホビ編

前回のアルター編に続きましてワンホビ(グッドスマイルカンパニー・マックスファクトリー・Gift・フリーイング等)編になります。

ワンダーフェスティバル2013夏 関連記事

毎回のことですがワンホビ連合は相変わらず半端ないボリュームでの出展となっていました。
そしてもはや語るまでも無いかと思いますが、ここに押し寄せる人の数が尋常じゃありません。

全然撮りきれずに諦めてしまいましたが、これだけ撮っただけでも褒めてやってください。
展示には撮影禁止のものが数点ありまして、認識しているのはかわしましたが自分が気が付いていないものがありましたらご指摘下さい。

WF2013S-049
WF2013S-047 WF2013S-048
渋谷凛 ニュージェネレーションver.(GSC)

WF2013S-050
島村卯月 ニュージェネレーションver.(GSC)

WF2013S-051
輿水幸子 ニュージェネレーションver.(GSC)

WF2013S-053
WF2013S-054 WF2013S-055
阿良々木月火(GSC)

WF2013S-056
WF2013S-057 WF2013S-058
三日月夜空&柏崎星奈(マックスファクトリー)

WF2013S-094
WF2013S-095 WF2013S-096
レーシングミク2013 (GSR)

WF2013S-059
鹿目まどか 舞妓ver. (アニプレックス)

WF2013S-060
アルティメットまどか (HOBBY JAPAN)

WF2013S-061
初音ミク TYPE2020 (マックスファクトリー)

WF2013S-062
初音未來 (フリーイング)

WF2013S-063
モモ・ベリア・デビルーク (マックスファクトリー)

WF2013S-069
高坂桐乃 (マックスファクトリー・AMW)

WF2013S-070 WF2013S-071
すーぱーそに子 虎パーカーver. (Gift) すーぱーそに子 マウスver. (WING)

WF2013S-073
WF2013S-074 WF2013S-075
神代フラウ (GSC)

WF2013S-076
WF2013S-077 WF2013S-078
邪神つるぎ (マックスファクトリー)

WF2013S-079
セイバー パジャマver. (WING)

WF2013S-081
アスナ (GSC)

WF2013S-082
アスナ (マックスファクトリー)

WF2013S-083 WF2013S-084
シリカ (フリーイング) リーファ (ペンギンパレード)

WF2013S-085
牧瀬紅莉栖 白衣ver. (GSC)

WF2013S-086
鶴眞心乃枝 (フリーイング)

WF2013S-087
神凪雅 (フリーイング)

WF2013S-088 WF2013S-089
月詠鎖々美 浴衣ver. (フリーイング) 暁美ほむら 浴衣ver. (フリーイング)

WF2013S-090
柳生十兵衛 (HOBBY JAPAN)

WF2013S-91
高町なのは・八神はやて・フェイト・テスタロッサ 水着ver. (Gift)

WF2013S-093
四糸乃 (ファットカンパニー)

WF2013S-092
figma ミカサ & エレン (マックスファクトリー)

WF2013S-097 WF2013S-098
雪音クリス 八九寺真宵

WF2013S-099 WF2013S-100
夜刀神十香 ニャル子 冥土ver.

WF2013S-101 WF2013S-102
御坂美琴 白井黒子

WF2013S-103 WF2013S-104
黒木智子 ねんぷち黒木智子

WF2013S-105 WF2013S-106
フェイリス・ニャンニャン 苗木誠

WF2013S-107 WF2013S-108
セイバーエクストラ セイバーオルタ

WF2013S-109 WF2013S-110
高山マリア 凰鈴音

というわけで「ワンダーフェスティバル2013夏 フォトレポートその2 ワンホビ編」でした。
写真はFlickrにアップしてあります。

とにかく新作のラッシュで目が回ってしまいそうでした^^;
今回のワンホビは円柱型のケースを大量に用意して、各ウィンドウ内はテーマに合わせてジオラマにしているという凝りっぷり。
見応えがあリすぎるので人がなかなか回転しなかったぜ・・・!

既に発売されていたものの展示も多く、特に物語シリーズのケースは歴代のものが揃っていて楽しかったです。
ウチもああいう風に飾れればなぁと思ってしまいます。

あとミカタンがグッスマを退職されるということで残念ではありますがお疲れ様でした!
実は子会社に勤務とかいうオチなら嬉しいんだけど・・・
ミカタンがいたからグッスマがここまで大きくなったんじゃないかと思うくらいのご活躍でしたが、ぼく自身もミカタンがいなければたぶんこの趣味は持っていなかっただろうと思います。
どうもお疲れ様でした!そしてありがとうございました!

ではでは、次回はコトブキヤ・メガハウス編になります。