フィギュア撮影 ねんどろいど 金色の闇

ねんどろいど 金色の闇

グッドスマイルカンパニーから「ねんどろいど 金色の闇」が発売されました。

うおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!
闇ちゃん大好きなので最初のレビューはこれにしようと心に決めてました!

ねんどろいど 金色の闇 ねんどろいど 金色の闇
ねんどろいど 金色の闇 ねんどろいど 金色の闇
箱とブリスターです。
このパンチの髪バーツは存在感ありますね。
たい焼きも小さいのによく作られているようです。

ねんどろいど 金色の闇
まずはノーマル。
こんな可愛い殺し屋に殺されたい。
ねんどろいど 金色の闇
斜めから。
ねんどろいど 金色の闇
そして迫力の髪パーツ。
ツン顔で撮りましたが、すまし顔でも面白そうなので撮れば良かった。
ねんどろいど 金色の闇
すまし顔でたい焼き。
たい焼きが小さすぎて不安でしたが、手のバーツがしっかりホールドしてくれます。
ねんどろいど 金色の闇
たい焼きの袋も細かいです。
ちょっと毛のようなものが・・・気が付かなかった_| ̄|○
ねんどろいど 金色の闇
本を片手に持ったパーツで。
ねんどろいど 金色の闇
本の表紙のシールがついてきます。
ねんどろいど 金色の闇
この顔最高にかわいいです。

やっぱり闇ちゃんはかわいい!
あと1つ買っておけば良かった。

撮影後記

初めてフィギュア撮影のエントリーをしたわけですが、他のサイト様の真似事みたいになってすいません。

指紋が付くことを嫌って手袋をして組み立てたんだけど、逆に手袋の毛羽が付いてしまったようです。
撮影前にブロアしないといけなかったですね、反省。
あと、現像が適当なので明るさとかバラバラですね。性格出ちゃってます。
こういうのもやりながら勉強していくしかないと思うので、とりあえず撮っては出し、撮っては出しでやっていきます。

しかし寒い日は外に撮りに行くのも億劫なので、部屋でフィギュア撮影ってのはありですね。

今回はEF50mmF1.4USMを使ったんですが、ちょっと寄りたいときに寄れないので、マクロがないと厳しいということが分かりました。
遠くからピンだけ気を付けて撮影して、後でトリミングでもいいんですが・・・・

つまりマクロ欲しいって言いたいだけなんです。はい。