アキバフォトグラフィ39

AkibaPhotography0039

仕事が多忙の中で行われたCP+とワンフェスという大イベントの現像&記事作成がようやく終わってホッと一安心しています。
1月から続いた意味不明な忙しさのお陰で行くのも微妙かと心配しましたが、なんとか行くことが出来たし記事もそれなりに書くことが出来たし良かったです。

しかし肝心のフィギュア撮影の方は積みっぱなしなので、時間を見て少しづつ撮っていきたいですね。
3月は延期していたものが発売されるはずですので・・・

AkibaPhotography0039
1DX + EF24-70mm F2.8L II USM
秋葉原UDX

そういえばアキバフォトグラフィの書き方を少し変えてみました。
最初に冒頭のテキストを数行持って行っていますが、これでTOPの最近記事の長さを稼ぐようにしました。
今までの「AkibaPhotography00**」だけですと、左右のウィジェットの方が長くなってしまい、デザイン的にあまりよろしくないかなと。
本当はTOPにも画像を持って行きたんですけど、indexでは500px、個別ページでは800pxにするやり方が分からなかったので・・・^^;
PHPをイジれば出来るようなのですが、難しいことはちょっと出来ないのでテキストの分割で誤魔化した感じです。

今までのやり方だと最新10記事にアキバフォトグラフィのエントリーが増えれば増えるほど見出しが短くなっていく状態になってしまうので、意図的に投稿のタイミングを調整したりしていました。
とりあえずこれでそういう事をあまり気にせずに投稿できるようになりました。

でもこのカテゴリも最近は雑記と区別が付かなくなってきましたけどね^^;

写真はUDXのスクリーン下あたりですが、前回・前々回と同じ日に撮影したもので在庫みたいなものです。
UDXはシャレオツな写真が撮りやすいので気に入っているのですが、偏りも顕著になってしまうのでもう少しアキバらしい写真も撮りたいですね。

サイト巡回していて気になった記事

ビビッドレッド・オペレーションの舞台探訪の記事をヲタにつける薬なしさんが書いていました。
大島まではジェットフォイルを使うと2時間弱ほどで行けるんですね。交通手段などの細かい情報もこれから訪れようとする人にはとても参考になりそうです。
ひたすら完全一致画像で美学を追求する撮り方もひとつの舞台探訪のありかたですが、ぼくとしてはこちらのサイト様のように舞台を取り囲む雰囲気を見ている人に伝えられるような、行ってみたくなるような記事を書きたいなと思います。
大島行きたい!

マックスファクトリー25周年記念の「ベルダンディー with ホーリーベル」がついに予約開始になりましたね。
アキバHOBBYさんで早速デコマスレビューが掲載されていますが、こりゃ素晴らしい逸品ですね・・・・
原型の製作は10年以上も前ですが、今でも全く色褪せぬ造形はまさに芸術の域に達している証拠。
ぼくも早速予約を入れてありますが、届くまでには飾るところも作っておきたいですね。

ねんどろいどやfigmaの楽しさの一つに作中シーンの再現などがありますが、ふぃぎゅる!さんはいつも忠実に再現してくれるので見ていてとても楽しいです。
消失の作中にある病院のシーンがすごいと思っていたら、窓の外までセットを入れているとか・・・すげぇ!
SOS団の部室もリアルに再現されているし、この職人魂は是非にも見習いたいものです。

そういえばGITZOのキャンペーンの商品が届きました。
三脚ケースなのでレビューしないかも知れませんが、カッコいいので気に入りました^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする