展示サンプル撮影 フリーイング レーシングミク 2012ver.

展示サンプル撮影 フリーイング レーシングミク 2012ver.

ボークス秋葉原SRホビー天国にフリーイングから発売予定の「レーシングミク 2012ver.」が展示されていたので撮影させていただきました。

ワンダーフェスティバル2012夏で原型展示のあった「レーシングミク 2012ver.」ですが、ようやく彩色された展示サンプルを見ることが出来ました。
原型の時は撮影禁止だったのですが、その時の印象が「非常に期待できるすごい原型」でしたので、彩色されたものを見れる日を楽しみにしていました。

ボークス秋葉原SRに展示とのことで訪れましたが、正月のアキバは混み混みでゆっくり撮ることは困難だったため、枚数と角度は少なめですが何とか収めてきた写真をどうぞ。

FREEing レーシングミク 2012ver.

Freeing_Racing_Miku_2012#1
初見の印象はとにかく「美しい」です。
広がるツインテールの量は十分なボリュームを持っており見応えがあります。
と同時に片足立ちの本体のみでは支えることが出来ず、補助の支柱が両髪に立っています。
支えは必要だとして、量産品の支柱をどれだけ目立たなくしてくれるか期待したいところですね。

Freeing_Racing_Miku_2012#5

Freeing_Racing_Miku_2012#3

Freeing_Racing_Miku_2012#4

Freeing_Racing_Miku_2012#12
とにかく良い体をしてしまっております。
腰の辺りのくびれ具合や腹筋からおへそまでのラインなど非常に完成されたボディかと。
肌以外にもチェッカーフラッグや衣装などの作りこみの細かさはものすごい。
この緻密な仕事に驚愕。

Freeing_Racing_Miku_2012#7
均整が取れた印象が強いです。見ていて飽きない。

Freeing_Racing_Miku_2012#8 Freeing_Racing_Miku_2012#10

Freeing_Racing_Miku_2012#13
太もも、脇、おへそ、バストと全てを一望できるポジション。
自分はフィギュアを見る度に「動き出してくんないかなー」と思っている変人ですが、このミクさんに関しては「そのまま動かなでくれ!」と願わざるを得ません。

Freeing_Racing_Miku_2012#11
実際の元絵に比べるとやや面長で瞳も横に伸びているのですが、豊満なボディとのバランスを考えるとこの大人びた顔つきも悪くないように感じます。
が、今後の微調整などで元絵に近くなるのであればそれは歓迎ということになるのですが。

Freeing_Racing_Miku_2012#2

というわけで「展示サンプル撮影 フリーイング レーシングミク 2012ver.」でした。
発売は2013年6月予定とのことです。
価格は12,800円と最近のフィギュア価格の高騰の流れをまともに反映しておりますが、このクオリティを維持しての量産であれば個人的は高くないものであると思うのですが。
とりあえずは予約開始を楽しみに待つことにします。

ボークス キャラグミン西住みほ&秋山優花里

VOLKS_GandP#1
同じくボークス秋葉原SRホビー天国に展示されていた「キャラグミン西住みほと秋山優花里」も撮影してきました。

VOLKS_GandP#2 VOLKS_GandP#3

ちょっと高い位置に展示されていたのと店内の混雑などもあり、この程度で撮影を遠慮させていただきました。
にしてもこのシリーズの造形の良さは素晴らしいです。
惜しむべきはキャラグミンであることなのですが、自身でガレキを組める人は何の問題も無いかと思います。
一応素組のサンプルもありましたが、それだけでも全然イケる感じですね。
ぼくの場合は瞳デカールを貼ることすら自信ないのですが、試しに西住殿を買ってみようか悩み中であります。

ボークスのガルパンキャラグミン展開は第3弾に「五十鈴華」が予定されているとのことです。
今後、次々と出てきそうですね。