広島の旅 尾道散策 猫の細道

尾道駅

広島旅行の尾道編となります。
昨晩は寒い中で夜景を撮影したりして疲れたのかぐっすり就寝。
早起きしてまた展望台で朝焼けを撮影するつもりだったけど、ばっちり寝坊してしまいました。

起きてチェックアウトするとすっかり快晴。

快晴の尾道水道の写真を取るために昨日のグリル展望台を再び目指します。

ロープウェイでグリル展望台へ

尾道ロープウェイ
尾道ロープウェイ
山麓駅から山頂を眺めます。
ほんとてっぺんまで行くんですね。便利!
尾道ロープウェイ
途中がとてもいい景色で大人げなくロープウェイの中で動きまわってしまいました。
ロープウェイが空いてて良かったー。
動きまわりすぎて知らない子供にドン引きされたけど楽しいです!
尾道ロープウェイ
あっという間に山頂駅に到着です。

グリル展望台からの眺め

山頂駅を降りると昨日あれほど苦労して辿り着いたグリル展望台が目の前にあります^^;
でも夜はロープウェイ動いてないので仕方ないのですけど。

グリル展望台
こんどロープウェイが動いてない時間にはタクシーで駐車場まで来ましょうね。
でも階段で登るのも楽しかったですよ(プルプル)
グリル展望台
恋人たちは愛を語り、ぼくはこのまま飛び降りて死ぬ。

でもせっかくだから飛び降りる前に展望台に登りましょう。

尾道水道
うおー!
夜景も綺麗だったけど、昼のほうが島々が見渡せていいかもー!
尾道水道
下にあるのはロープウェイ山頂駅。
向こうが尾道大橋、しまなみ海道。
グリル展望台
展望台も綺麗でいいよ!知らない奥さんと娘かわいいよ!
グリル展望台
山側は残念感漂ってます。
尾道水道側の景色が凄すぎるから仕方ないのですけどね。

下山しながらの尾道散策

ぼちぼち展望台を降りて徒歩で山下りをします。
散策しながら行こうと思ってる場所があるのです。

グリル展望台
グリル展望台を降りて歩いてみると素晴らしい紅葉がありました。
少し早いかと思いましたが、結講色づいていたのでラッキーでした。

そしてお目当てのポンポン岩に到着!
ここはSONYのCMで北川景子さんがねこを連れて訪れた場所なのです。

ポンポン岩


このCM大好きです。

さらに階段と坂道を下っていきます。

尾道水道
紅葉もまずまずで目が喜んでいます^^
天寧寺三重塔
天寧寺三重塔まで来ました。
昨晩の夜景とはまた違う雰囲気で素晴らしいです!

帆雨亭

るるぶに載ってた「帆雨亭」という喫茶店に来ました。
いい雰囲気だったのが気になっていたのですが、案の定いい雰囲気です。

帆雨亭
この席に座りたかったのです。お客さん誰もいなかったのでラッキー。
でも日差しが強い・・・ここは午後がいいと思う。
帆雨亭
黒糖寒天とお抹茶のセット美味しゅうございました!

猫の細道

そして尾道での一番の目的は「猫の細道」。

猫の細道入口
ここから猫の細道!フオオオオオオオオ!!
地面のコンクリに猫の足跡がありますね。


猫の細道
猫の細道
福石猫と言われる丸石に猫を書いたものが所々に置かれてる。

これただ石に絵を書いたのかと思ってたのですが、作るのにとても時間をかけてるということです。
何度も何度も下地を塗って出来るまで何ヶ月もかかるとのことです。

だから外に置いておいても剥げたりしないのですかね。

散策していると目的の福石猫を発見!!

猫の細道
ここもさっき話したSONYのCMで出てきた場面です。
CMと同じ感じでボケを出してみたけどちょっと足りなかったですかね。
面倒臭がらずに単焦点に取り替えればよかったかな・・・。

もちろん本物の猫もいます。

猫の細道
この週から冷えてきたので、ほとんどの猫たちは上にある天寧寺の日当たりが良い場所にいたけど、この子はここにいてくれました。
何十枚か撮らせてもらって、この一枚が今回の旅で一番気に入った写真になりました^^

尾道ラーメン

楽しいから時間が過ぎるのが早いです。

でも次の目的地も重要だからここらへんで時間切れにしておきましょう。
最後に尾道ラーメンを食べてさようならをします。

尾道ラーメン
なにこれうまい!しかも550円。たまごは80円。
駅前に3店くらいあってそのうちのひとつなのですが、時間あったら全部の店で食べたかったです。

そしてさようなら尾道

尾道はすごい面白かったです。

次はもっと腰を据える感じで来よう。何なら住もう。と言えるくらい。
向こうにあった島とかも楽しそうだから、次来るときは車でしまなみ海道を走りたいです。

ここに載せきれなかった写真をFlickrにUPしてます。
簡単なコメントも入れてあるので見てくれれば嬉しいです。
→【Flickr】2011.11.26 尾道散策

次は三原で呉線に乗り換えて、いよいよ「たまゆら」の聖地・竹原だー!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする