広島の旅 B787で羽田から出発

B787

11/25~11/27で広島に旅行に行って来ました。
なぜ広島かというと、ANAが世界最初に導入したメイド・ウィズ・ジャパンの旅客機、B787が羽田―広島・岡山にしか就航していないからであります。

それなら「たまゆら」の聖地である竹原に行きたいから広島空港を選んだわけ、なので。

羽田空港にて

金曜は会社を休んでゆっくり羽田へ。
B787の便は夕方ばかりなので、せっかく休んだ金曜が勿体無い気もしますが、搭乗まで第2ターミナルの展望テラスで撮影でもすることにしました。

B787
B787
自分の乗るB787が!
それほど大きくないんだという印象です。
燃費優先の中型旅客機ですもんね。
羽田空港国内線第二ターミナル
飛行機がいっぱいです。
実はあんまり詳しくないのでどれがなんだか分からないのです。
B777
次々と飛び立っていきます。
ポケモンジェット
ポケモンジェットだー!

B787搭乗

だらだら過ごしていたら搭乗時間が近くなったので出発ロビーへ移動します。

B787
いよいよ搭乗です!
B787
細かいところまでまだピカピカだから、新車を買った時のようなワクワク感があります。
B787客室
乗り込んだ-!
うおおおおお!!!客室きれい!全部LEDライト!
B787
主翼カッコいいです。


B787窓
エレクトロクロミズムを使用したサンシェード。
5段階調整で写真は一番暗い状態です。

真っ黒になるわけではないんですね。


B787窓
よくみると前の席と比べると相当暗くなってるますね。
ただ反応は遅い感じで、設定してからジワジワ暗く(明るく)なるという具合。

そしていよいよ離陸です。
意外にGが少ない気がしました。

機体が軽いからあんまり速度いらないのかも。

ぼくは座席に思い切り押し付けられるのが好きなんですけどね。

客席インフォメーションディスプレイ

B787客席モニター リモコン
初期画面には22Aと自分の座席番号が表示されています。
メニュー画面からビデオとか音楽とか情報とかを選択。これで全部見れる。


B787客席モニター B787客席モニター
今どこを時速何Kmでどっちに向いて飛行しているかあと何分で着くか全部分かる。
すごい楽しいです!


Passenger Announcement B787客席
アナウンスがあると割込画面が入ってビデオなどは一時停止されます。
終わるとまた自動再生。
さらにシートtoシートメッセージという機能もあって、離れた席の人と会話ができるみたいです。
これなら連番で取れなくても会話出来ますね。

USB端子も付いていて何に使うのかな?と後で調べてみたら、USBメディアにコンテンツを入れてくれば自動再生されるとのこと。
と言うことはUSBメモリーにMP3入れてくれば差しただけで音楽が聞けるっぽいですね。
でもiPodとかの音楽プレーヤー持ってれば使わないですかね。
充電が出来るのか調べたかったけど、USBコードは手荷物に預けてしまったので試せず。
でもメディア差して認識するなら5Vきてるはずだしね。

あっという間に目的地に到着

あれこれ楽しんでいるうちに広島に着いてしまいました。
1時間ちょっとの旅でした。

TOTO製のトイレも見たかったのですが、隣のおじさんがぐっすり寝てて起こすのも悪い気がして行けませんでした。

無念。

ANAは50機注文しているので、順次就航する予定みたいですね。
JALも発注してるらしいので、そのうち日本の空は787だらけになるんですね。

B787

そして広島空港に無事到着したぼくは、そのままバスに乗って三原へ。
さらに三原からJRで最初の宿泊地である尾道へ向かいます。

次回、尾道編です。

→【Flickr】2011.11.25 広島旅行 羽田 B787
→【Wikipedia】ボーイング787

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする