ThinkTankPhoto StreetWalker HardDrive 購入

Thinktankphoto_SWHD#1

増えてきた機材を運ぶのに今までのカメラバッグでは入りきらなくなってしまったので、ThinkTankPhotoのStreetWalker HardDriveを購入しました。

EOS-1DXEF70-200mm F2.8L IS II USMが結構な質量なもので、手持ちのカメラバッグでは必要な機材を運びきれなくなってしまいました。

今まで使っていたのが、やはり同じThinkTankPhoto社の「Sling-O-Matic10」と「Urban Disguise 35 V2.0」なのですが、主に使用していたのが「Sling-O-Matic10」になります。

これは背負った状態で前方に回してカメラの出し入れが出来るスリングタイプですのでとても便利なのですが、いかんせん収納力が無いので多くの機材を運ぶのは厳しい状態でした。

そこで新規にバッグを買い増ししようと選定をしていたのですが、色々と悩んだ末に「ThinkTankPhoto StreetWalker HardDrive」を購入しました。

かなり大きなバックパックですが「全ての機材を持ち運ぶ」という条件でないと、後で入りきらなくて失敗したと思うのも嫌だったので迷わず決めました。

ThinkTankPhoto StreetWalker HardDrive 詳細

Thinktankphoto_SWHD#2
Thinktankphoto_SWHD#3

見かけは重そうですがとても軽いです。
腰の辺りをサポートするクッションなどが付いていて、重くなっても負担が軽減するようになっています。

Thinktankphoto_SWHD#5

中は仕切りが沢山あって色々と詰めたくなる作りw
標準ズームなら縦に差し込めるくらいの深さがあります。

Thinktankphoto_SWHD#6

カバーの裏側は2段の収納ポケットになっています。
この辺のデザインはThinkTankPhoto製品の共通仕様なので見慣れた感じですが、半透明で見やすいので気に入ってる部分でもあります。

Thinktankphoto_SWHD#7

サイド部分にラップトップの収納スペースがあります。
これが選定の重要なポイントでもあって、今まではA4の印刷物やワンフェスのカタログ等の冊子を持ち歩くためにもう一つバッグを背負っていました。
しかしこのスペースを冊子収納にすれば、このバックパックのみで行動することが出来るようになります。
とは言っても、ワンフェスの会場に全装備を詰めたこのバッグで行くことは無いので、旅行の時にるるぶやプリントした地図などを入れておくことなどが多いと思います。

車で星を撮りに行ったりする時になら、簡易現像して確認するためにノートPCを入れていくかも知れません。

Thinktankphoto_SWHD#8
Thinktankphoto_SWHD#9

表にも沢山の小物スペースが付いています。
上部にはペンなどすぐ取り出したい物を入れておこうと思います。
下部はiPhoneなどのガジェットにちょうど良さそうですね。

Thinktankphoto_SWHD#10 Thinktankphoto_SWHD#11

サイドにも収納が付いていて、中には紛失防止?のバンドもあります。
更に外側には伸縮素材のポケットがあり、ペットボトル程度なら伸ばして差し込むことが出来ます。

Thinktankphoto_SWHD#16
Thinktankphoto_SWHD#17

背面にはサポートパットが付いているのですが、その裏には腰用のベルトが収納されています。
登山などでバックパックをしっかりホールドしたい時に良いですね。

Thinktankphoto_SWHD#22

ショルダーベルトはこれでもかというくらい肉厚で柔らかな作りです。

Thinktankphoto_SWHD#12 Thinktankphoto_SWHD#13

バックパック下部には三脚用の脚受けが隠されています。

Thinktankphoto_SWHD#19 Thinktankphoto_SWHD#20

カメラ収納部はレギュラーサイズかプロサイズかによって底面を下げることができます。
ここも今回の選定のポイントで、1DXのボディもしくは縦グリを付けた7Dが入るバッグでないといけませんでした。

試しに70-200F2.8Lと縦グリを付けた7Dを入れてみましょう。

Thinktankphoto_SWHD#21

だいぶ余裕で収まりました。
おまけに三脚まで入ってしまいました。
この三脚はVelbonの「ULTREK 45L」というものですが、風が強くなければ1DXに17-40くらいなら何とか使えます。
三脚を使うか使わない程度の行程なら、これをバッグに忍ばせておけば何とか事足りそうです。

Thinktankphoto_SWHD#15

上部にはガッチリとしたハンドルと名刺ホルダー。

Thinktankphoto_SWHD#23

最後は付属品と内容物。
付属品はレインカバーと三脚固定用のベルトです。

というわけで

Thinktankphoto_SWHD#4

というわけで、ThinkTankPhotoのバックもこれで3つ目になってしまいました^^;
バッグ沼にハマりつつある感が否めませんが、10月末にお出掛けする予定があるので急遽購入せざるを得ない状況でした。

TENBAのバッグも良いなと思ったのですが、いかんせん高すぎました。
ロープロなどのものも色々見て回ったのですが、どうも目的に合うものが見当たらなかったので、ここは使い慣れたThinkTankPhotoから選んでしまいました。

あとはこのバックパックにフル搭載したとして果たして身動きがとれるのかという問題がありますが、それは全く何も考えておりませんでした

どんどん肥大する機材に対応できるように、いい加減人間の方も体力を付けていかないといけないようです^^;

シンクタンクフォト(thinkTANKphoto) ストリートウォーカーハードドライブ シンクタンクフォト(thinkTANKphoto) ストリートウォーカーハードドライブ

シンクタンクフォト(thinkTANKphoto)
売り上げランキング : 17731

Amazonで詳しく見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆっきー より:

    機材が大型化するとだいたいバッグや三脚も買い換えになることが多いですがその購買力に惚れ惚れします。
    そんな自分も家には用途に合わせたカメラバッグが3つ4つ転がっていたりしますけれども(笑)

    合わせてご紹介されている三脚がとても便利そうですね。参考になります。
    電車や飛行機だと大型三脚の携行は苦労するので旅行用三脚として買ってみたいと思います。

    機材が重く、大きくなると最初のうちは大変なんですが筋トレになって撮りに行けばいくほど次第に苦にならなくなりますよ。
    鍛錬も兼ねてぜひ重装備でお出かけするのをお勧めします(^^;

  2. makotomatic より:

    >ゆっきーさん
    コメントありがとうございます~
    バッグはすぐ新しいものが欲しくなってしまって困ったものですw
    あの三脚はすごいコンパクトになるので、飛行機や電車での旅が多いゆっきーさんには良いと思いますよ^^
    ただ耐荷重2kgの華奢なものなので、1DXで使う時はレンズが限定されますけど・・・
    それでも念のため持ち歩く三脚としては最高のものだと思います~。
    早速重装備で出かけてきたのですが足腰がヤバイです^^; ゴーヨン持ち歩いてる方には笑われてしまいそうですがw
    筋肉がつくのが先か、腰が砕けるのが先か、不安でいっぱいですが頑張ります^^;