けいおん 豊郷小 舞台探訪 その2

Rabbit and Turtle

豊郷舞台探訪(聖地巡礼)の続きです。
今回はうさぎとかめの写真を中心に。
うさぎとかめはご存知のようにイソップ寓話の有名なお話。
豊郷小学校旧校舎群にはこれをモチーフにしたブロンズ像が階段手すりに飾られています。

「うさぎとかめ」はうさぎに足の遅さを馬鹿にされたかめがうさぎに勝負を挑み、うさぎはそのあまりの才能故に余裕で居眠りをしてしまい、着実に歩みを進めたかめに負けてしまうというお話です。

豊郷小旧校舎群には、まさにこの話がそのままブロンズ像として飾ってあるのです。

Rabbit and Turtle
スタート地点に並んでいるうさぎとかめ。
仲良さそうにも見えるけど、これから競争をする2匹。
うさぎ
踊場では余裕のうさぎが寝てしまってます。
かめ
かめは自分のペースでゆっくりゆっくりでも着実に。
3階
ついに寝ているうさぎを追い越していきます。
3階
かめがゴールしました。
大勝利して満足気なかめのブロンズ像だけが頂上にあります。

うさぎとかめの教訓(Wikipediaより)
過信(自信過剰)して思い上がり油断をすると物事を逃してしまう。
また、能力が弱く、歩みが遅くとも、脇道にそれず、着実に真っ直ぐ進む事で、最終的に大きな成果を得ることができる。

小学校の階段の手すりでこれを表現しようと考えたことが素晴らしい。

教育ってかくあるものだと。

うさぎとかめのブロンズ像はある意味ギミックと言えるかも。

そして豊郷小旧校舎群にはもうひとつのギミックがあります。

風見鶏です。

風見鶏

まあ見かけはただの風見鶏なのですが。

実はこれは音楽室前の天井とつながっていて・・・

風見鶏下

実は室内にいながら風向きが正確に分かるのです。

すごい!豊郷小学校すごい!

もしかしたら他にももっとすごくて優しい仕掛けがあるのかも知れませんね。

ここの小学校に通っていた子供たちが羨ましい。

豊郷小学校旧校舎群のお話はもうちょっと続きます。

今回撮影した写真はFlickrで公開してます。良かったら見て下さい。
→【Flickr】2011.08.12 豊郷舞台探訪 (136枚)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする