朝霧が舞う立ち枯れの湖・御岳自然湖の紅葉と、王滝食堂のいのぶた丼

朝霧が舞う立ち枯れの湖・御岳自然湖の紅葉と、王滝食堂のいのぶた丼

突然ですが長野県にある王滝村の御岳自然湖に行ってきました。

季節はようやくの秋になりましたね〜
京都などの大手スポットでは紅葉のピークはもう少しあとになりそうですが、長野あたりではもう終わりかけのところもあるみたいですよ。
ここ最近の週末は雨・雨・雨の連続で、この土曜日も予報では雨になっていてガッカリしていましたが、金曜夕方の予報でいきなり晴れの予報に変わったので急遽出掛けることにしました。
行きたい場所は沢山ありましたが、今回はギリギリ見頃を過ぎたくらいの王滝村に行くことにしました。

王滝村の自然湖は写真を撮る人の間ではかなり有名なスポットで、一回は行ってみたいと思っていた場所なんですよね。
でもウチからだと4〜5時間くらいかかるので、今回も夜のうちに現地に着いて朝まで車で寝る作戦であります。
結論から言うと天候もかなり好条で素晴らしい景色が見れたけど、写真はあまりに普通で冴えない写真の撮りかたにブログ名変更しようかなって感じですね!

せめて超美味しい「いのぶた丼」の写真だけでもご覧ください。

shizenko2017_01
いきなり自然湖着だドン!
高速の深夜割が適用になる時間まで出口手前のSAで待機して、0時過ぎに伊那インターを降りて2時間くらい下道を走ります。
そんな行程で自然湖に着いたのは深夜2時くらいでした。
もう既に先客の車が5,6台ほど来ていて湖畔のガードレール沿いには三脚が並んでいた。
自分も車を停めた正面あたりに三脚を置いて場所の確保をしました。
肉眼ではほとんど真っ暗だけど、長時間露光すると月明かりで自然湖の姿がくっきりと見えますね。
shizenko2017_02
この辺りは星も綺麗に取れる場所なんだけど、この夜は月が満月に近く光が雲に反射してちょっと難しそうでしたね。
星景写真は全く心得もないし、とりあえず日が昇るまでやることも無いので車で寝ます。
shizenko2017_03
5:30くらいに車を出ると段々と空が明るくなってきていて、自然湖の姿が肉眼でも確認できるように。
shizenko2017_04
うおー!立ち枯れの木々が良い感じに立っています。
美瑛の青い池を彷彿させるような景色ですね、もっともあちらの様に水に色は付いてないですが。
shizenko2017_05
朝日が湖面を照らして赤く染まったのは一瞬だけだったけど綺麗でした。
shizenko2017_06
そして徐々に朝霧が発生してきました、北海道では毛嵐とも言うみたいですね。
この自然湖では有名な現象ですがいつも見れるという訳でもないので、これだけ見事な霧が出るなんてこの日は条件が良かったんでしょう。
shizenko2017_07
日も昇り湖全体が照らされ始めました。
木曽地域はあまり紅葉の色が良くないと聞いていましたが、確かに派手な紅葉になる木は少なかったかな。
山全体としては見事な紅葉なんだけど、狭い範囲を写すと地味な感じになってしいます。
shizenko2017_08
少し先の公衆トイレまで車を走らせたら、湖畔のススキが凍っていて絶景だった・・・
今思うと日が照るまで待てばススキが解凍されて綺麗だったろうなと、これだけ撮って自然湖に引き返したのを後悔。
shizenko2017_09
自然湖の方に戻ってみるとこちらは日が当たってきて毛嵐がピークに。
この立ち枯れの木曽ヒノキは1984年の地震で水没したもので、30年以上経っているため段々と倒れたりして減っているそうです。
shizenko2017_10
撮影ロケーションはこんな感じで、車を降りて2秒で撮影できます。
午前中はこちらからは逆光になるので、すぐそばの橋で撮ったりしたほうが良さそうです。
shizenko2017_11
来る途中で買ったご当地ごはんを食べるぜ!
ポンちゃんラーメンなんて初めて見たなぁ、昔のカップ麺といった感じでおやつラーメン的な味だった。
長野限定のセブンおにぎりは美味しかったので、関東広域で売ってくれなかな〜

shizenko2017_12
日が昇りきった自然湖も見てみたかったけど、今回はロケハン重視なので名残惜しいですが移動します。
3連休の初日でしたが車も少なくて走りやすかったものの空きすぎな気も。
土日だともう少し混むのかな。
shizenko2017_13
今回木曽で見たかったもののもう一つが様々な橋の姿。
王滝川に架かる橋は幾つかありますが、その中でもこの大島橋は新しい橋の隣に古い橋脚が残っている名スポット。
shizenko2017_14

shizenko2017_15

shizenko2017_16
ダム湖の湖面は紅葉が映り込むほど穏やか。
古い橋脚というのはあまり見る機会もないけど絵になりますねぇ。
旧秩父橋みたいに現在でも使われている橋ではないですが、歴史的なものを感じられて良い場所でした。
shizenko2017_17
こちらの橋は道の駅みたけの隣にある黒田橋。
綺麗な朱色に塗られた橋たちは木曽の風景にとても良く合うなと思います。
実際に見た感じは紅葉よりも新緑にとても良く映えるのではと感じたので、来年の夏にまた来てみようかと思いました。
shizenko2017_18
このあとも別の橋を見てまわったりして、最後は御岳湖の牧尾ダムでダムカードを貰ってきました。
ダムカードは良く貰いに行くんですけど、ここの管理事務所の方はとても気さくで色々と王滝村のスポットを教えて下さいました。
話を聞いているうちに冬の自然湖にも興味が出てきてしまった・・・

shizenko2017_19
お楽しみのお昼ごはんは王滝村にある「王滝食堂」でいのぶた丼を食べることに。
まあ来る前から決めていたというか、むしろいのぶた丼を食べるためにここまで来たというか。
shizenko2017_20
じゃじゃーん、いのぶた丼と手羽先です。
shizenko2017_21
いのぶたと言うのはその名の通りイノシシとブタの雑種なんですけど、このお肉はとっても美味しいですね・・・!
脂身も全然くどくなくて、たまに豚の脂身が苦手という人を見かけますが、そういう人でもこれなら食べれるんじゃなかろうか。
もちろん肉の味も甘くしっかりしていて、〜丼というとガッツリした味付けを連想してしまうけど、肉と野菜の味がちゃんと楽しめる優しい味付けでした。
shizenko2017_22
いのぶた丼だけでは物足りないかと思い、手羽先も注文してみました。
カラッと揚がっていて普通に美味いぞ、近所にこんな食堂があったら絶対通うよ・・・
他にもいのぶたステーキとか焼肉とか気になるメニューが沢山あったので今度制覇してやろ。
shizenko2017_23
満腹になったところでゆっくり帰ることにします。
もう一日使って南木曽に行ってみようかと思ったけど、あまり詰め込んでも薄くなりそうなので今日は撤収。
帰り道でみた駒ケ岳がとても美しかったなぁ、あそこいつか登りたい。

というわけで「朝霧が舞う立ち枯れの湖・御岳自然湖の紅葉と、王滝食堂のいのぶた丼」でした。

京都や東北のように派手な紅葉がある地域では無いみたいだけど、とても静かで人も温かい良い場所でありました。
ちょうど王滝村公民館でお祭りやっていて、そこで頂いたきのこ汁が美味しくて、村民の方も親切にしてくれて楽しかった。
王滝村、ぼくの中ではかなり気に入ったのでまた来ることになりそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする