稲取細野高原から見渡す東伊豆町と、かっぱ食堂の肉チャーハン

稲取細野高原から見渡す東伊豆町と、かっぱ食堂の肉チャーハン

突然の写真ブログ更新です。
夏といえば海と青空と緑の草木とB級グルメってことで、伊豆の稲取細野高原に行って肉チャーハンを食べてきました。

ここ最近は伊豆にばかり行っている自分ですが、伊豆は何が良いかってウチからだと有料道路代があまり掛からずに行けるんですわ。
長野・山梨方面ももっと行きたいけど、あっちは片道で3000円以上掛かりますので、よほどのガチ撮影の心構えがある時じゃないと覚悟が出来ないというか。
あっ、今日晴れてるな〜、ドライブ行くか〜って時は伊豆がとても気楽で良いのであります。
海水浴シーズンは135号が動かなくなるので行けませんでしたが、8月も下旬になったのでかなり空いているだろうと思い、前から行ってみたかった細野高原に足を運んでみました。

広々としてて良い眺めでしたが、如何せん何もない場所なので、写真は同じような緑の原っぱになりますけどもw

hosonokougen_01
8月の最後の週末はなかなか良い天気っぽい予報が出ていたので、朝6時前くらいに家をでっぱつ。
熱川のちょっと先にある東伊豆町を目指し、細野高原という場所に行きたいと思います。
その前に通り道の宇佐美にある「ふしみ食堂」で朝ごはんを食べたいので、そこの開店時間に合わせて出発しているのは言うまでもない。
hosonokougen_02
ふしみ食堂に到着、安定の地元ごはん定食にありつく。
こんな美味しいごはんが食べられる店が早朝から開いているのは本当にありがたいねぇ。
hosonokougen_03
満腹になって再び車を走らせること1時間ほど、目的地の東伊豆町は稲取地区が見えてきました。
伊豆半島の中にある小さな半島のような場所にびっしりと建物が立ち並んでいます。
hosonokougen_04
どことなくイタリアっぽい眺めで結構好きです。イタリア行ったこと無いけど。
hosonokougen_05
稲取地区を背に、高台にある細野高原へ向かいます。
途中から離合が厳しい道になりますので、車の場合は気を付けて通りましょう。
行きは誰ともすれ違わなかったけど、帰りは3台くらいすれ違ったな。
hosonokougen_06
狭い道を抜けて細野高原の第一駐車場に到着。
ここに車を止めて徒歩でプラプラ歩いて見たいと思います。
hosonokougen_07
ちゃんとトレッキングコースがあるみたいなので、せっかくだから見晴らしの良い三筋山へ向かうルートを選んでみます。
hosonokougen_08
どうやらあの山のてっぺんの一番右の風車を目指すらしい。
ちょっと不安なので車でスポーツドリンクを買いに戻ってしまった。
まあ辛くなったら戻れば良いので。
hosonokougen_09
では気を取り直してスタート。
しかし一面の緑で気持ちが良いですな~。
hosonokougen_10
とにかくバッタが多くて歩く度に驚いたバッタがバサバサ飛んで行くので申し訳ない。
hosonokougen_11
所々に吹き流しがあるのですが、どうやらここはパラグライダーのメッカのようですね。
伊豆は条件が良いのかパラグライダーを楽しめる場所が多くあるようです。
そういうのに乗って空撮とかしてみたいけど、ちょっと自分の生活レベルじゃ無理そうだなぁ。
hosonokougen_12
この日はとても良い天気だったのですが、気温も35度以上あったので高い木の少ない高原歩きはしんどい。
時々ある木陰で体力を回復しながら進みます。
水分もどんどん汗で出てくるので、ペットボトルの飲み物をもう一本持ってくれば良かった。
hosonokougen_13
ずっと緩い上りだった道がいきなり急になった・・・これ25度以上あるのではと思うくらいの坂がずっと続く。
少し登っては休み、登っては休みを繰り返して進むけど、心臓はバクバクいってるしデブに運動は辛い。
hosonokougen_14
2時間くらい掛かって三筋山の駐車場に到着!
そう、駐車場です。なんとここまでバイクで来れるので、バイク持っている人はスイスイ登ってこれますね。
トイレがあったので水を浴びたいと思ったけど水道無しのトイレでした、甘かったぜ・・・
hosonokougen_15
もう疲れたし駐車場でも景色はなかなか良かったので満足してもう帰ろうと思ったら、かなり煽ってくる看板が立っていたのであと15分頑張ることに。
hosonokougen_16
ここからは木の階段になってた。
階段は登りは楽だけど下りが膝にくるんだよね・・・。
hosonokougen_17
風車がもうこんな目の前に。
hosonokougen_18
ここが・・・絶景ポイント・・・!
hosonokougen_19
この丘の向こうに絶景が・・・

hosonokougen_20
おお、気持ちがいい眺め(登ってくるまで散々見てきた景色と大して変わらない)
暑さのせいか海の方が霞んでいるけど、クリアな大気の日なら伊豆大島が見えるんじゃないのかな。
hosonokougen_21
せっかくここまで来たんだから頂上を目指しますか。
hosonokougen_22
いきなり頂上だドン!
ちなみに別ルートを使えば車でもこの風車の下まで来れるのであった・・・
hosonokougen_23
頂上の方の眺めはこんな感じで、右にあるベンチがさっきの絶景ポイント。
中央にゴルフ場がきてしまうのがイマイチだけど、まあ見晴らしは良い場所でした。
次は楽々とバイクで来たいです、免許持ってないけど。
hosonokougen_24
来た道を戻ります。
帰りは楽だったけど、急な下り坂だけはやはり膝にダメージが・・・
hosonokougen_25
あっ、何か島が見えてる。利島村かな。
hosonokougen_26
だいぶ降りてきました。
こないだ行った場所も稲取高原にある風車ですけど、伊豆は風車多いんですよね。
hosonokougen_27
ここは湿原らしい。
湿原というと小さな池が点在していたりとか、木の歩道が掛かっていたりとかのイメージなので、こんなに生い茂っていると言われなければ分からないのであった。
hosonokougen_28
やっと駐車場に戻ってきて即水道を借りて盛大に水浴び。
もう一台停まっているのは途中の道ですれ違った夫婦かな、あの急な坂道でかなり参っていたようであった。
飛んでるパラグライダーを撮るつもりで70-200mmを持っていったけど、この日は飛んでいなかったので重いだけだった。
ほぼα7IIに16-35mmで撮っていたので、やはり登山とかにはFEマウントが軽くて良いなと思った。
でもメインにするつもりは無いのでレンズも揃えてないし、最近はほぼ広角用サブ機に落ち着いていたんだよね。
今回のようにメインに使うならFEマウントの便利ズーム欲しくなりました。

hosonokougen_29
トレッキングも終わって昼の時間になったので、伊豆のB級グルメ「肉チャーハン」を食べに稲取地区に向かいます。
hosonokougen_30
135号から降りて稲取方面に、まるで島の様な雰囲気である。
hosonokougen_31
漁港は静かだった、朝だったら賑わっていたのかな。
hosonokougen_32
お目当ての『かっぱ食堂』に到着!
肉チャーハン発祥の店ということでテレビで取り上げられていたので、一度食べてみたかったんですよね。
hosonokougen_33
肉チャーハン950円!
hosonokougen_34
豚肉と野菜を炒めたものをチャーハンにかけた、いわゆるあんかけチャーハンという部類のやつですね。
今でこそ創作チャーハンは見慣れたメニューですが、当時はかなりハイカラな食べ物だったに違いない。
hosonokougen_35
このビジュアル通りで、とても美味しい・・・
肉と野菜は甘辛く炒めらていて香ばしく、下のチャーハンはシンプルに玉子のみのもの。
チャーハン部分が全然脂っこくないので、普通の丼のような勢いで食べ続けられます。
下が普通に炒飯だったら重いなぁと心配していましたが、人気な食べ物って人気な理由がちゃんとあるんですね。
朝がガッツリだったので食べきれないかと思いましたが、うますぎワロタで無問題でした。
hosonokougen_36
ごちそうさまでした。
この辺りには他にも肉チャーハンを食べさせてくれる店があって、そちらも機会があれば行きたいなと。
ちなみにかっぱ食堂の名前の由来は、ご主人の幼少の頃のあだ名がかっぱだったからとテレビで言ってました。

というわけで「稲取細野高原から見渡す東伊豆町と、かっぱ食堂の肉チャーハン」でした。

いやしかし体力が無くてちょっとしたトレッキングでも息が上がってしまいますわ。
何とかして痩せなくては!と決意した30分後には肉チャーハンを食べていてもうだめだ。