奥日光・千手ヶ浜のクリンソウと、ふる川の海老天もりひもかわ

奥日光・千手ヶ浜のクリンソウと、ふる川の海老天もりひもかわ

奥日光・千手ヶ浜に群生するクリンソウを見に行って来ました。
いや~桐生のひもかわずっと食べたかったんよ、うまうま。

中禅寺湖の西側に位置する千手ヶ浜と呼ばれる場所に、6月に見頃を迎えるクリンソウという花の群生地があります。
サクラソウ科サクラソウ属のこの花は暑さに弱く、主に水の綺麗な山間部などに群生しています。
この千手ヶ浜は一般車両の通行が禁止されている自然保護区域の中にあり、クリンソウと合わせて奥日光の素晴らしい自然を楽しめる場所になっているので、以前から一度は行ってみたいと思っていました。
当然、写真愛好家などの間ではかなり有名な場所なので、この時期はとても混雑するのは覚悟の上で・・・・!

休日は混みそうなので平日休みを取って行こうかと思っていましたが、とても天気の良いある週末に「この日を逃してはいけない!」と思い立って奥日光へ足を運んでみました。

okunikko_01
中禅寺湖の西側に位置する千手ヶ浜に行くには、戦場ヶ原付近にある赤沼車庫から定期運行している低公害バスでいくか、船の駅中禅寺より遊覧船で行くか、もしくは徒歩・自転車といった自力で行くかになります。
遊覧船は中禅寺湖の観光地から出ているので楽そうですが、始発が遅くて今回の写真撮影には向きません。
出来るだけ早く着きたい人は赤沼車庫から運行している低公害バスがおすすめで、この時期の休日は朝4時から途中の小田代原までの便が、5時半には終点の千手ヶ浜行きのバスが出ています。
赤沼車庫の駐車場には限りがあるので念のため深夜に現地入りしたところ、まだ0時くらいだというのにざっと20台は停まって朝を待っていました。
ぼくも車で仮眠を取りましたが、6月の奥日光はとても寒くて死ぬかと思った・・・
昼は軽く25度くらいになるのですが、6月の奥日光の夜はまだまだ息が白くなるので注意だよ。
okunikko_02
駐車場で軽く仮眠をしてバスが動くのを待ちます。
しかし初めてなのでどのタイミングで千手ヶ浜行きバスの列が出来るのか分からないし、周りの動きばかり気にしていたのでほとんど寝れなかったw
最初の3本(4:00、4:30、5:00)のバスは途中の小田代原止まりなので見送って、千手ヶ浜行き始発(5:30)の列は1時間前にぼくが並んだら自然と列形成されましたw
乗るだけなら30分前くらいでも平気かなという感じだけど、ぼくはこの席に座りたかったので、つい本気を出してしまいました。
低公害バスはすぐに一般車両が入れない保護区域内の道を走り始めて行き、ご覧の通りバスの中にいてもかなりのマイナスイオンを感じる良い雰囲気の林道でした。
赤沼車庫から千手ヶ浜までは約10kmとトレッキング向きな道程で、徒歩や自転車で行く人も数多くいました。
ぼくも最初はミニベロで行こうと考えていたのですが、行きは千手ヶ浜まで緩い下り坂なのですが、当然帰りはずっと登りになるので機材などの重量を考えると厳しいと思い、今回は見送ることにしました。
しかしバスから外を見ていた限りでは、普段ロードに乗っている人なら気持ちよくライドできるコースで、帰りの登りもほとんどは緩やかな印象だったので、まともなロードバイクであれば全然余裕そうな道でした。
もしくは徒歩でも3時間くらいなので、森林浴をしながらのハイキングも楽しそうです。
熊に会わなければ。
okunikko_03
低公害バスに揺られること約30分で千手ヶ浜に到着します。
このバスは赤沼車庫発・千手ヶ浜行きの始発だけあって満員で、更に先に小田代原でのハイキングをしていた人も途中で乗ってきて、車内はもはやこれ以上は乗れないという状況でした。
休日は終始こんな乗車率のようで、更に赤沼車庫も早朝から満車になってしまったので、もし8時位にノコノコやって来ても駐車場待ちとバス待ちでかなり大変な思いをすることは間違いないです。
okunikko_04
ねんがんの千手ヶ浜に到着!しかし朝は逆光で湖に向かって写真が撮れないw
しかし自然がとても豊かなせいか、周囲に全く余計なものが無く、広角で撮るのかてっても楽しいです。
そして、この千手ヶ浜からしばらく湖畔を歩いていくと、ようやくクリンソウの群生地があります。
okunikko_05
クリンソウの群生地は周囲をネットに囲まれ手厚く保護されていました。
なんでも鹿の食害がとても深刻な時期があり、そのせいでクリンソウの数が激減したとのことです。
クリンソウに限らず鹿の餌となる草や樹木の皮などが大変な被害にあったということで、それらの植物に関わっていた蝶などの昆虫も姿を消してしまったという深刻さでした。
現在の奥日光は森林回復が大きな課題となっており、一般車両の通行禁止や、このクリンソウの保護もそのひとつです。
ただ鹿の増加には人間の活動が大きく関わっているのは明白で、例えば鹿の天敵であるオオカミが姿を消したことは人間に大きな責任があります。
他にも温暖化で雪が減り、鹿の活動範囲が大きく広がってしまったなど、恐らく数え上げればキリがないでしょう。
現在の奥日光では鹿の侵入防止柵などの設置で森林を保護しつつ、鹿の個体数のモニタリングも実施して共生のバランスをとっているそうです。
okunikko_06
奥日光の現状を調べていたらつい前置きが長くなってしまいましたが、お待たせしましたのクリンソウです。
ここの仙人と呼ばれている方が個人で開放してくださっている場所ということで、これは大変に有り難いことです。
ちなみに、満開の状態がどういう感じなのか分からないのですが、横耳で人の話を聞いていたところ、どうやらこの状態は4~5分咲きといったところだと言うことです。
ホントか?!満開だともっとすごいのか・・・・??
okunikko_07
群生地は順路が設けられていて、クリンソウが咲いている場所には人が入れないようになっています。
レンズ的には16-35mmの広角と70-200mmの望遠が撮っていて楽しく、意外にも24−70mmの標準ズームの出番はほとんどありませんでした。
okunikko_08

okunikko_09
クリンソウは「九輪草」と書くというので花が9輪1組なのかなと思いましたが、調べてみると仏閣の屋根にある九輪に似ているからというのが名前の由来だそうです。
元々咲いていた日本のクリンソウは紅紫色で、白やピンクなど様々な色で咲くものは後に持ち込まれた西洋の種ということらしい。
ひたちなかのネモフィラや巾着田の曼珠沙華のように一面同じ色の花というのも壮観ですが、個人的にはルピナスのように沢山の色があるのが好きなので、ここのクリンソウはかなり好みな景観です。
okunikko_10

okunikko_11
これは時間を忘れて撮り続けてしまう・・・
この日は文句なしの晴天で、それ故に日差しもかなりきつくなってしまい、これは写真的には難しい気がする。
贅沢な悩みではあるけれども、光が柔らかくなる曇りの日にも来てみたくなった。
okunikko_12

okunikko_13
ほとんどクリンソウしか咲いてない場所で、たまに他の花を見かけると新鮮だったりする。
花って撮るの難しいなぁ・・・少し風があったからSS速くしたんだけど、それなりに絞りたいとか考えていると、ISO感度がどんどん上がっていく。
okunikko_14

okunikko_15

okunikko_16

okunikko_17
クリンソウの群生地はそれほど広い範囲ではないのですが、つい時間を忘れて撮り周っていました。
晴天の日曜ということで相当の人手かと思いきや意外に空いていて、写真を撮るのにもカメラマン同士が干渉せずに済む程度でした。
まあクリンソウのピークがこの翌週になる感じだったので、その時はすごいのかもしれないけど。

okunikko_18
いつの間にか陽も高く上がっていて、空も良い感じで青くなってくる時間帯に。
群生地をあとにして中禅寺湖の湖畔に向かいご飯を食べます。
okunikko_19
新緑に包まれた男体山がとても美しい・・・そういえば活火山に認定されたそうですね。
そしてPLがかなり片効きしてしまっているなぁ、あまりプレビュー見てなかったのでずっとこんな感じの空になってしまった。
okunikko_20
セブンのおにぎりと無印の干し芋が朝ごはん。
無印の干し芋が美味しくて最近良く食べているんだけど、材料の芋が中国産なのがちょっとひっかかるんだよね。
まあ安全面はきちんとしているんだろうし美味しいから問題はないんだろうけど、現状で一般人が得ることの出来る中国の印象から考えると、無知と言われても口に入れるのにはやや抵抗があるな〜。
高くなってもいいから国産の芋を使ってくれないかなぁ。
okunikko_21
湖畔で何か工事しているなと思って近づいて見たら、なんと遊覧船を建造していた。
湖だと現地で建造するんですね、言われてみれば当たり前なんだろうけど初めて見た。
okunikko_22
千手ヶ浜は訪れる人の良識がしっかりしているのか、それとも仙人が片付けてくれているのか、見る限りゴミひとつ無い場所で本当に素晴らしかった。
また紅葉の時に来てみたいですね、きっと素晴らしいにちがいないぞ。

というわけで、これで千手ヶ浜をあとにして帰りのバスに乗ります。
赤沼車庫行きのバスは人が分散しているせいか結構空いていましたが、午後になれば帰る人でとても混雑すると予想されます。

okunikko_23
帰りのバスに揺られていたら、小田代原の景色もかなり良さそうなので、この天気の日には寄らないと勿体無いと思い途中下車することに。
小田代原のバス停の前には鹿避けの回転扉があり、中の保護地区には遊歩道が続いていて周回することが出来るようになっています。
熊の目撃情報も多いのでハイキングは気を付けるようにというポスターもバス停に貼ってあった。
あくまで熊のテリトリーに我々が勝手に入っていっているのを忘れてはいけない。
okunikko_24
いや〜いい天気だ〜〜!!!
ここは有名な撮影スポットにもなっていて、季節ごとに様々な景色を見せてくるようです。
okunikko_25

okunikko_26
小田代原の真ん中に一本だけ白樺が立っていて、これは「貴婦人」と名付けられた有名な白樺です。
Googleで写真を見ていると、季節ごとに様々な表情を見せる小田代原の中でも特に雪化粧された貴婦人の姿は素晴らしく、また再びその時に訪れてみたいと思うほどです。
今年は車もAWDになったことだし、冬用の撮影装備を揃えなくちゃな。
okunikko_27

okunikko_28
最後はα7のパノラマ機能を久々に使ってみました。
かなり広い景観なので魚眼が欲しくなってしまうのと、貴婦人を撮るのに望遠も必要という小田代原でした。

okunikko_29
日光に来たついでというには距離が離れていますが、桐生にある「ふる川」に名物のひもかわを食べに来ました。
中禅寺湖からは国道122号をわたらせ渓谷鐵道沿いに南下すること約50kmで桐生市に着きます。
桐生はひもかわが有名らしく、その中でもこの「ふる川」と「藤屋本店」という店が2大有名店ということらしい。
今回は以前から同僚におすすめされていた「ふる川」に来てみると、休日の昼時とあって10組ほど待っている人がいました。
順番待ちの名簿に名前を書いておけば車で待っていても良いみたいで、実は並んでいる人以上に待っている人がいます。
ぼくは離れた第2駐車場に停めてしまっていたので、店舗の屋根の日陰で小1時間ほど呼ばれるのを待っていました。
okunikko_30
じゃじゃーん、海老天もりひもかわです。
幅が5cm程度のいわゆる「ひもかわうどん」なら見たことありましたが、これは完全に座布団のように大きく、うどんと呼ぶには無理がある形ですね。
このお店では単に「ひもかわ」という名称で呼ばれているようです。
okunikko_31
ひもかわは冷水で締められて、一枚一枚丁寧に畳まれて盛り付けされています。
ふる川さんはかなりの有名店ですが接客も丁寧で素晴らしく、そして盛り付けもこんなに綺麗なので、きっと真面目なお店なんでしょうね。
okunikko_32
で、肝心の食感やお味なんですが、初見では「これ絶対食べにくいやつだ」と思っていました。
しかし実際に口に入れようと吸い込むと、チュルン!スポンッ!と簡単に一枚まるごと口に入ってしまいました。
そして口の中いっぱいに広がるこのモッチリ感・・・・なんだこの不思議な食べ物は・・・!
美味い!
okunikko_33
天ぷらはいたって普通の天ぷらですが、揚げたてなので当然うまいです。
okunikko_34
海老はプリプリというより、しっかりしたタイプのやつ。
かなり充実の内容のこの海老天もりひもかわは1250円なり、かなり安いと思う。
okunikko_35
ひもかわうどんだけど蕎麦湯を貰ってツユまで飲み干した。
いや~美味かった、予想外の食感でした。あんな広いひもかわがこんなに食べやすいとは。
次はカレー南蛮ひもかわを食べたい、ライスと半熟卵が付いていて最後にカレーに入れるらしい。やばい。

というわけで「奥日光・千手ヶ浜のクリンソウと、ふる川の海老天もりひもかわ」でした。

前々から行きたかった千手ヶ浜がこんな晴天の時に行けるとは良い行軍になりました・・・
そして混雑を予想し、かなり早めの行動をしておいたのは正解だった。
このあとは前橋の健康ランドに行って風呂入って仮眠してと、撮影後のお楽しみパターンでもう満足ですわ。
今度は秋に行けるように予定を組まなくてはっ!