EF100mm F2.8L Macro IS USM用にメタルフード購入

IMG_5422

もうすぐワンダーフェスティバル2012夏が開催されます。
撮影距離が厳しいとは思いつつも、今回の機材も7D+EF100mm F2.8L Macro IS USMの組み合わせで行こうと思います。
そこで少しでも現地で撮影をしやすくするために、ケンコーのメタルフードを購入してみました。

今回メタルフードを付けたのは、純正のフードが大きすぎて使いにくいというという理由からです。

IMG_5424

これは純正のフードを装着した画像ですが、相当長いフードになっております。
もちろんフレアなどの防止や前玉の保護に必要なものなのですが、このフードを付けたままだとどうしてもPLフィルターの調整が出来ないのです

展示物はショーケースの中にある場合が多いですし、照明効果でで被写体にも反射があるので、PLフィルターは欠かせません。

イベントは屋内ですし、フレアなどの心配が少ないので、フード無しの状態にすれば良いのですが、前玉をガードしてくれるモノがないとあの混雑した会場の中で傷が付かないとも限りません。
PLフィルターだけでも1万円以上しますし、もし何かあって前玉まで傷が付いたら大損害になってしまいます。

前玉の保護が出来てかつPLフィルターが回せる方法は無いものかと考えて、そこでこのメタルフードを購入しました。

IMG_5426

ケンコーのメタルフードを装着した状態です。
純正のものよりだいぶ短くなってますが、カメラを下げている時に不意に何かがぶつかっても十分保護してくれそうです。

そして何より便利なのは、フードの装着がフード用の溝ではなくフィルター用のネジ山に付けるということです。

IMG_5427

こうすればフード自体を回すことでPLフィルターの調整が出来るようになります。
7Dに100mmで展示フィギュアの撮影するときは撮影距離の問題で縦撮りだったり横撮りだったりするので、向きに合わせてすぐにPLフィルターを調整できるのはとても便利です。

不便というか気を付けなくてはならない部分としては、逆に回すとネジが緩んでしまうことくらいですかね^^;
あまり強く締めるのも怖いですし、これは慣れれば良いだけなので、今のうちに癖を付けておこうと思います。

IMG_5429

メタルフードの先にもネジが切ってあり、フードの先端にレンズキャップを付けることができます。
ただ67mmから72mmに経が広がるのでご注意を。

ワンフェスに向けて色々準備も整ってきたし楽しみですね。
今回は無理に7Dだけで撮影せずに、人が沢山いて距離が取れないところはNEX-5Nで済ませようと思います。
この間のエントリーである程度の画像は得られることも分かりましたしね^^

そういえばワンフェスのダイレクトパスがあっという間に売り切れてしまったみたいですね。
ぼくは幸運にも決済することが出来ましたが、こんな無理ゲーになるとは思っていませんでした。

2012冬の時は1時間ほど残っていたと思うのですが、今回はあっという間だったとか。
すぐにダイレクトパスがオークションに流れて高額になっているのを見て「」な感じになりましたが^^;

さすがに次回はダイレクトパス取れる自信も確証も無いですけど、もしそうなっても転売チケに手を出すこと無く昼くらいからのんびり行きたいと思います。