フィギュア撮影 ファット・カンパニー 三浦あずさ

フィギュア撮影 ファット・カンパニー 三浦あずさ

ファット・カンパニーから発売された「アイドルマスター 三浦あずさ」を撮影しました。
溢れ出る大人の魅力・・・!

ファット・カンパニーのアニマスジャケ絵シリーズもついに後半戦の第8弾「三浦あずさ」まで発売に!
もう完走も目の前と言うのもまだ早いかもしれませんが、シリーズ走破に向けて着々と進んでいるのは嬉しいです。
とりあえず今までの発売分をおさらいしましょう。

ファット・カンパニー 2014.05.23
我那覇響
ファット・カンパニー 2014.06.17
水瀬伊織
ファット・カンパニー 2015.01.18
高槻やよい
ファット・カンパニー 2015.05.23
星井美希
ファット・カンパニー 2015.10.02
四条貴音
ファット・カンパニー 2015.11.21
菊地真
ファット・カンパニー 2016.01.17
萩原雪歩

今回の「三浦あずさ」でナンバリングは8に。
このあとに予定されている「双海亜美・真美」「秋月律子」でついに二桁に乗ることになり、さらに「如月千早」へと続いていきます。
シリーズを通して原型製作は間崎祐介氏が担当し、原型の安定度はピカイチのこのシリーズは後半戦も目が離せないですな!

ではではレビューの方をどうぞどうぞ。

ファット・カンパニー 三浦あずさ レビュー

メーカー/商品名 ファット・カンパニー 三浦あずさ
発売日 2016年9月
作品名 アイドルマスター
価格 8,400円 +税
仕様 PVC塗装済完成品 1/8 全高:約220mm
原型・彩色 原型製作:間崎祐介 彩色設計:髙山英樹

phat_azusa_01 phat_azusa_02
phat_azusa_03 phat_azusa_04
外箱&ブリスターはシリーズ統一されたデザインのもの。

phat_azusa_05
あらあら・・・

phat_azusa_06

phat_azusa_07

phat_azusa_08

phat_azusa_09

phat_azusa_10

phat_azusa_11

phat_azusa_12
ぐるっと一周。
セーター、デニム、ブーツとおねえさんらしいグッと来るスタイル・・・かなり好きです。

phat_azusa_13

phat_azusa_14

phat_azusa_15

phat_azusa_16
首を傾げて微笑みかけるあずささんはまさに天使、いや女神。
シチュ的には待ち合わせ場所に来て「待ちました~?」みたいに話しかけられている妄想が捗りますね。
いやぼくも今来たばかりです・・・!
phat_azusa_17

phat_azusa_18

phat_azusa_19
セーターはモールドも細かくて彩色も丁寧で文句なしのクオリティ。
そしてこのパイスラ具合はあらゆるPを殺すやつである・・・・!
phat_azusa_20

phat_azusa_21

phat_azusa_22

phat_azusa_23
個人的にもお気に入りなのがデニムの張り具合がとても色っぽい下半身です。
こういう格好の女の人、いいよね。
タイトなパンツのおかげでスタイルの良さが非常に際立つし、ピップ周りの形の良さはスカート&ぱんつのフィギュアでは味わえない旨味です。
phat_azusa_24
セーター、デニムもそうだけど、バッグやブーツの彩色も質感が伝わってくるクオリティの高い仕上げ。
phat_azusa_25

phat_azusa_26
ベルトや腕時計など細かいパーツの塗り分けも丁寧にされています。

phat_azusa_27 phat_azusa_28
帽子は着脱可能で好みのスタイルでディスプレイ可能。
phat_azusa_29
ショートカットながらも情報量の多い髪の毛。
青系の色は重くなりがちだけど、とても軽やかなイメージの彩色仕上げになっていて素晴らしい。
phat_azusa_30

phat_azusa_31
背中が少し見えてしまっているのは完全に最高オブ最高オブ最高の演出。

アイマスジャケ絵シリーズは元のジャケ絵以上の情報が無いので背面などは新規にデザインしているようですが、こういうアイデアを出す担当者もシリーズを魅力的にしている大きな存在ですね。

phat_azusa_32
台座はシリーズ共通のデザインで、各キャラのパーソナルカラーが振り分けられています。
このあずささんは片足立ちのフィギュアですが、ダボは鉄製でしっかりしているので安心。

あとは適当に

phat_azusa_33

phat_azusa_34

phat_azusa_35

phat_azusa_36

phat_azusa_37

phat_azusa_38

phat_azusa_39

というわけで「フィギュア撮影 ファット・カンパニー 三浦あずさ」でした。

今回の「三浦あずさ」も素晴らしい完成度でした。
このファット・カンパニーのジャケ絵シリーズは今時のフィギュアにしてはとても買いやすい価格設定で、それ故にやはり工程上オミットしている部分にも目が止まることが多かったけど、このあずささんは本当にクオリティが高くて驚きました。
このシリーズだと「菊地真」が一番の仕上がりだと思っていたけど、それに匹敵するくらい頑張ってくれた。

そして次回は二体一組という大物「双海亜美・真美」へと続いていきます。
待ちに待った亜美真美!今から届くのが待ち遠しいZE。

撮影後記

phat_azusa_40

明るさって難しくてレビュー前にいつも悩んでいます。
ヒストグラムとか見てもまあよくわからないし、結局見た目で自分が一番良いと思ったのを基準にしてしまうのだけど。
今回だと使用したのは真ん中のものになりますが、後になって左くらい明るくしても良かったかな~とかいつも思います。
右のは最初に決めるのはいつもこのくらいという例で、これはかなり暗いですね。
調整は被写体自体の色合いや撮影の目的などで変わると思いますが、うちの場合は商品紹介なのでやっぱもう少し明るいほうが良いかもしれないですね。
レビューだと写真に連続性もあるので一定の明るさで繋げていないと違和感もあるし、毎度この明るさに関してはなかなか悩ましいところです。
でも明るくしても明るくしても暗く感じてしまうんだよな~、そして気がついたら白が飛んでいる。

関連リンク